2013年 11月 01日 ( 1 )

就活

a0259130_20132756.jpg

長男の就活が本格的になってきました。いまはネットの時代、日々、カタカタパチパチとキーボードをたたきながら情報を仕入れている様子が窺えます。
今日から4日まで、学祭のため休講ということなので「働く」を会話の中心に据えてランチタイムを過ごしてみました。

これから企業研究を深めていく中で、試験を受ける際にその企業の「客先」がどこなのかを、しっかりと考えておくようにと伝えました。

自分の売っている商品は何なのか、その商品を買ってくださるのは誰なのか、どんな職種なのか。買ってくださる方は、何に対して対価を支払ってくださるのか。商品そのものが持つ魅力・チカラなのか、良いイメージなのか、頑強だからなのか・・・そうしたこともわからずに面接に挑んでも会話は成立しません。

後々、「こんなはずじゃなかった」とつよく思ってしまう要因のひとつは、仕事の実際を知らずにイメージだけで企業を選択してしまうことにあります。

どごまで耳を傾けてくれているのかと、そんな不安もありますが、様子を窺いながらアドバイスをしてみたい・・・と思っています。余計なお世話かもしれませんが。
[PR]
by AKIO_TAKE | 2013-11-01 20:42 | look/gaze