2013年 11月 08日 ( 1 )

a0259130_1792153.jpg

昨日から国会で審議入りした特定秘密保護法案。国民の知る権利やメディアに対して必要以上の規制がかかる恐れがあるとして、この法案の是非をめぐってワイドショーなどでも頻繁に取り上げています。

ネット上でタイトルをひいてみると、本当にさまざまな見解をみることができます。秘密保護法案のように国の存亡にかかわる機密性の高いものから社会秩序を維持するために制定される法案など、ある事象を修正、改善、そして維持させることに必要とされる制定プロセスの違いで、各法律が持ち合わせる顔も異なる、そんな風にも考えています。

困ったことが発生したときに、ある基準に照らし合わせながら事の是非を判断する。そのための基準であって、その判断を運用するのは誰で、誰がどごで是非と判断するのか・・
自身の仕事に関する法律を、今一度5W1Hに沿って解す良い機会が来ていると思います。
[PR]
by AKIO_TAKE | 2013-11-08 17:45 | look/gaze