2013年 11月 19日 ( 1 )

リデュースと包装

a0259130_14105151.jpg

季節感は人それぞれ・・・。
私は乾燥肌体質らしく、薬局でかゆみ止めのローションに手が届くと同時に冬を実感します。
ことしも前年に倣えで先日かゆみ止めを購入して、開封してみると説明書の紙は無く、パッケージ内側に直接記載がされていました。パッケージの一辺がきれいに切り取れるようになっている、こうしたパッケージがだいぶ増えてきましたね。化粧品にも、このようなパッケージが使われています。

以前のような別刷りでパッケージの中にある説明書を保管しておく方にすると使い勝手が悪くなっているのかもしれませんね。私の場合は説明書を読んだらパッケージと共に「その他の紙」に分別しちゃっていましたから気にならないのですが。

このパッケージは、ごみを減らすための環境行動を表すキーワード「3R」の優先順位のトップにある「リデュース」の好例です。

「リデュース」とは、ごみそのものを減らすこと。これからも、こうしたケースはたくさん出てくると思います。仕事柄、包装業界にも注目しています。

PS ここのところ、day after dayになっていなくて恐縮です・・・。
[PR]
by AKIO_TAKE | 2013-11-19 14:35 | 3R