2018年 02月 12日 ( 1 )

自由自在

雑草が生えているのは、道端や畑、公園など人間がつくりだした場所だ。そして、このような場所は自然界には無い特殊な環境だ。(「雑草はなぜそこに生えているのか」より抜粋)→ http://tpdws2.exblog.jp/238229864/

誰も世話をしてくれない雑草が長年に亘って世代を繋いでいくポイントは、やっぱり多様性なのでしょうね。雑草に限らないけれど人間が分からない多様な性質をわざわざ分類するのは、理解できるよう勝手に人間が整理しているだけ。自然界に生きるものが人間の分類に従う義理はない、が筋でもある。

そうはいっても人間も進化する都合上、申し訳ないけれど自然界に生きる者を分類させていただいている。整理しないと生きていけない人間の思考範囲は思っている以上に狭いのかも、と思っちゃいます。
毎日、踏まれ続けても平然と青々と生えている雑草を観ていると、「フツーに」とか「こうすべきなんじゃないか」としゃべっている自分が、なんだか滑稽だ。

よくよく見ると、小さなお星さまみたいだし、場所によっては等間隔だし、不思議で個性的です。

a0259130_19130565.jpg


[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-02-12 19:14 | look/gaze