<   2018年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

実感

a0259130_22325750.jpg


写真は2016年8月に開催した「リサイクル施設ツアー」からの1枚。自分たちの出したゴミが自分の背丈よりもうずたかく積まれ、どう表現していいのか戸惑っている・・そんな心持が現場で佇む背中から伝わってきます。

自分たちが出したゴミはその後どこに運ばれ、どのように扱われ(処理され)、最後は埋立されているのか、それとも燃やされているのか、それとも再生資源原料として売却され、再び製品となって私たちの暮らしの中で利用されているのか。

机の上でのセミナーも大切な学びに結びつきますが、私はなるべくゴミを処理している施設に行かれることをお勧めしています。
(施設ツアーのコーディネーターも行なっていますので、ご興味ある方は遠慮なくお申し付けください)

ゴミや環境に関心を持って頂くにも、百聞は一見に如かずがやっぱりインパクトがありますし、なにより、小さな体験でも自分の個人的な体験を思い出してもらう方が、各自にとって実感を伴い、関心のスタートラインに立てることが出来るからです。

人は実感が伴わないと行動してくれません。実感が伴えば、放っておいても自ずと考えるし、行動をおこしやすくなります。それが人の感情というものではないかな、と思います。企業でもコミュニケーション能力を高める工夫をしますが、その目的はと言えば「実感」を得てもらうことです。
集い合ってどう考えるのかも重要ですが、どう感じているかを分かち合う場をより多く体験する方がもっと具体的で行動へと進んでいく前提となるはずです。

[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-02-19 10:47 | work

三寒四温

立春から数えて15日目頃の雨水
空から降るものが雪から雨に変わり、氷が解けて水になる頃。
ことしは依然として寒い日が続き、本格的な春の訪れはもう少し先だけど、寒さの峠を越えていく時節を迎えます。


a0259130_19514640.jpg



[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-02-18 19:52 | unclass

アブノーマル

小ささから生じる不利、経営資源の不足
単独では取り除けない不利、不足にどう対処するか
どうしたら、組合員個々の経営力の向上や経済性を確立できるか

そのために

組合員の創意による共同事業を行い
外面的には経済主体の会社と同じ、内面的には営利目的ではなく、相互扶助を目的とし
小ささから生じる不利、経営資源(資金調達力、人材、信用力、情報、労務管理の知識・経験、知恵、技術等)の不足の排除

それぞれに不足する経営資源の補完を図るための組織 それが「事業協同組合」です

この協同組合を立ち上げのサポートや運営する組織を「中小企業団体中央会(以下 中央会)」と言いますが、神奈川県の中央会が設立されたのは昭和30年。その中央会の8年前の戦後間もない昭和22年に誕生した「神奈川県資源回収商業協同組合(以下 資源組合)」が設立70周年を迎え、本日記念式典が行われました。協同組合の設立をサポートする中央会の前に創立した資源組合の誕生は、戦後の動乱の最中で相互扶助という理念を掲げるまでもなく、相互扶助そのものが生活に欠かせないものだった・・今となっては創立メンバーもいらっしゃらないので想像力を駆使するしか術はないのですが。

コンプライアンスなんて言ってたら生きてられなかったよ、と深いしわを刻んだ先輩たちの、その屈託のない笑顔から発せられる言葉を聴くたびに気が引き締まります。いつの時代も、その時代にしかない存在しない課題や経験できない出来事があるものです。戦後の高度成長期を経験し、物資豊かなを社会をつくりあげた時代も終わりを迎え、これからは人口も減少し、これまでのノーマルがこれからのアブノーマルとなる価値観が熟成されつつあります。70年前と言わずとも、資源組合の60歳代の幹部のみなさんのお話にも、そんな気配が充満しています。

こうした節目の席に参加できることは本当に有り難いです。私はどのようにすれば先人の苦労を当世代、次世代の仕事に活かしていくことができるのか。いつか通らなければならない道なら、さっさとその道を歩き出して、これからの時代に適応できるようなかたちに再編し新機軸を見出した方が良いはず。


a0259130_00214584.jpg


[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-02-17 23:54 | work

2018春節

2018年の旧暦元旦は2月16日(金)、ということで今日は大晦日です!

横浜中華街でもあすから3月2日まで春節を祝う様々なイベントが開催され、
まずは今夜の春節カウントダウンが横濱関帝廟と横浜媽祖廟で24時から行われますよ!!
気象状況や不測の事態により開催内容の変更もありますので、
時間等はウェブサイトで確認願います → 2018春節

□ 2月16日(金)16時~ 【採青(さいちん)】会場:中華街全域
爆竹や太鼓が鳴り響く中、伝統の獅子舞「採青」が行われます。商売繁盛、五穀豊穣を願って獅子が舞います。

□ 2月17日(土)・18日(日)・25日(日) 【春節娯楽表演】会場:山下町公園(横浜中華街内の公園)
息をのむ中国雑技、優雅な舞踊、勇壮な獅子舞や龍舞など、華やかな雰囲気を味わえます。
一部 14時30分~15時30分、二部 16時~17時、三部 17時30分~18時30分

□ 2月24(土)16時~ 【祝舞遊行(しゅくまいゆうこう)】会場:中華街全域
皇帝衣装隊やダイナミックな龍舞、獅子舞が目前で繰り広げられる、横浜中華街でしか見られない祝賀パレード。

□ 3月2日(金)17時30分~ 【元宵節燈籠祭(げんしょうせつとうろうさい)】会場:横濱媽祖廟
春節を締めくくる幻想的なお祭り。燈籠に書き込まれた人々の願いが天に届くように奉納舞を行います。

中国では旧暦の正月を「春節」といい、盛大にお祝いする風習があります。横浜中華街でも中国同様の春節を愉しめるよう、1986年より春節イベントを開催しており、今年で32回目を迎えます。主催は横浜中華街発展会協同組合2018春節実行委員会。私も当組合員としてイベント期間中はいろいろとお手伝いをしていますので、ぜひ遊びにきてください!!


a0259130_09165141.jpg


[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-02-15 09:18 | unclass
a0259130_20443806.jpg


リユースびんって何? びんって、そもそもリユースじゃないの?と思っている方もいるかな? びんの流通が減少する中で、環境省の事業を活用してリユースびんを増やしていこうという「びん商」の挑戦が、ここ横浜で行なわれています。
このプロジェクトのゆくえは? 地域循環と地産地消のマッチングはどこまで浸透するのか? エコロジーとエコノミーは両立するのか?など、様々な立場の方から意見をぶつけ合うシンポジウムが2月16日(金)に開催されます。

面白そう! 聞いてみたい! という方は、ぜひ会場へお越しください。

参加無料、申し込み不要なので直接会場へ
2月16日(金) 17時30分受付開始 18時スタート
会場は「横浜開港記念会館2階 9号室」 横浜市中区本町1-6
JR京浜東北線 関内駅 徒歩10分、みなとみらい線 日本大通り駅 徒歩1分

ヨコハマ経済新聞に掲載されました → 横浜のリユース文化を発信


a0259130_20450103.jpg



[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-02-14 20:45 | work

自信が深まる

昨夏、かんきょう文化祭のプログラムの一つを担う「廃材ワークショップ」に明蓬館高校SNECの生徒が参加をしてくれました。このワークシッョプでは、捨てられるものの素材を活かして、他の素材と組合わせやデザインによって新しい価値を生みだし、唯一無二のサウンドを響かせるスピーカをつくりました。SNECとは、スペシャル・ニーズ・エデュケーションセンターの略で、特別なニーズを持つ高校生の可能性を引き出す教育をミッションとする学校で、昨年4月に生徒6名で横浜市中区に開校しました。

今日は1年を通して取り組む「成果物」の発表会で、廃材ワークシッョプに参加した高校1年生もスピーカづくりの苦労や制作の感想を発表するというので参加してきました。あいにく私が十分な時間が確保できず、ワークシッョプに参加した1名の発表だけを聞いて残念ですが会場を後にしました。ワークシッョプに参加したことで随分と自信がついたと先生からも窺っていましたが、確かに昨年の夏に初めて会った時の印象とは異なります。初めてあった時は伏し目がちでしたが今日は真っ直ぐ客席に視線を向け、スピーカーのことと二酸化炭素が与える影響について調べたことをハキハキと伝える姿は、カッコイイ男子そのものです。本人が持つ可能性を引き出すことに、主宰するプログラムが少しでもお役に立てれば嬉しいです。

かんきょう文化祭で披露した音源はこちらをクリック → 廃材交響楽団
雪だるま(これもスピーカーですよ)の上段の青い蓋のスピーカーの後ろにちょっと見える茶色(木製のごみ箱が素材)が発表者の制作したスピーカーです。

すでにあるものに自分を合わせる発想ではなく、自分にあったモノやコトをつくりだす。今年も、そんな試みの場である「かんきょう文化祭」にしたいと思います。


a0259130_23445084.jpg

[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-02-13 23:57 | かんきょうデザインプロジェクト

自由自在

雑草が生えているのは、道端や畑、公園など人間がつくりだした場所だ。そして、このような場所は自然界には無い特殊な環境だ。(「雑草はなぜそこに生えているのか」より抜粋)→ http://tpdws2.exblog.jp/238229864/

誰も世話をしてくれない雑草が長年に亘って世代を繋いでいくポイントは、やっぱり多様性なのでしょうね。雑草に限らないけれど人間が分からない多様な性質をわざわざ分類するのは、理解できるよう勝手に人間が整理しているだけ。自然界に生きるものが人間の分類に従う義理はない、が筋でもある。

そうはいっても人間も進化する都合上、申し訳ないけれど自然界に生きる者を分類させていただいている。整理しないと生きていけない人間の思考範囲は思っている以上に狭いのかも、と思っちゃいます。
毎日、踏まれ続けても平然と青々と生えている雑草を観ていると、「フツーに」とか「こうすべきなんじゃないか」としゃべっている自分が、なんだか滑稽だ。

よくよく見ると、小さなお星さまみたいだし、場所によっては等間隔だし、不思議で個性的です。

a0259130_19130565.jpg


[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-02-12 19:14 | look/gaze

物事を分解する

第4回丘の上写真展 
神奈川県内の高校3校の写真展覧会です。全107作品には美しい銀塩プリントも展示されていて、デジタルプリントとの違いも愉しめる写真展です。
本日は9時~18時、最終日の2月12日(月)は9時~15時。
会場は横浜市南区の吉野町市民プラザ http://yoshinoplaza.jp/


a0259130_09302930.jpg


2017年報道写真展
災害、スポーツ、政治、動物など幅広いジャンルのニュース写真の決定的瞬間を捉えた写真で2017年をふりかえる展覧会。
癒しを与えてくれるものからシビアな現実に身動きできず無力感がにじむ作品・・・約300点が展示されています。
会場は横浜市中区のニュースパーク(日本新聞博物館) http://newspark.jp/newspark/


a0259130_09544240.jpg


数値だけを追いかけてしまうと他企業と同じ事業展開になりがちで、結果、同質化競争に陥ってしまい、規模を大きくするか価格競争の中で勝ち残っていかなければならず、中小企業にとっては厳しい環境に身を置くことになってしまいかねません。
今後は人工知能がビジネスに本格的に入ってくることで数値分析や効率化の傾斜はますます強くなっていきます。
そうした状況がまもなくやってくる、その状況で人には新しい価値を生み出すためのスキルが求められてきます。私自身、環境の視点からフォトコンテストや古着をリメイクしたファッションショーを開催していることから、人の感性に訴える作品を観たりしながら、新しい価値の創出に取り組んでいます。

例えば、一口に運送の仕事といっても、「運送」とは「車両を指すのか、物流を指すのか、運送技術を指すのか」のどこを優先するかによって取り組み方は変わります。物事を分解することで、物事への捉え方か深く、そして広がっていきます。毎日、わずかな時間でも人の感性に訴える作品を観るように努めています。
そうはいっても、みんな忙しいので美術館や展示会に行く時間が取れないので実際のところ。でも、インターネットの中に在る作品でも充分にトレーニングはできると思います。



[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-02-11 10:11 | look/gaze

気密性良い故に

マンションに沿って通行する方への注意書き
親切というか、正直というか・・・管理室にクレームでもあったのかな、と余計なお世話だけれど。

a0259130_19570011.jpg


マンションの結露防止には、除湿器、吸水シート、断熱フィルムなどの対策がありますが、やっぱりお財布にも優しく、水蒸気が逃げ場を失って水滴に変わる結露ですから小まめに喚起して風と上手にお付き合いするのがベストかなと個人的には思う。
と言いつつ、なかなか換気が実践できていないマンション住まいの私。寒いけれど、換気やろーっと。

[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-02-10 20:05 | unclass

深掘り

a0259130_07453620.jpg


健康への関心の高まりや食の安全・安心を手に入れる為に、さらに環境にも優しい社会を、地域経済にも貢献できる取り組みとして作り手の顔が見える地産地消が推奨されています。昨日投稿した横浜リユースびんプロジェクトも、びんの中身となる飲料は、地産地消をテーマとして、地場農産物生産者と消費者とをつなげ、販売事業者に生産者の顔が見える商品という商品価値を創出できるよう仕組みづくりをしています。

一方で、食品の安全性確保の為には、特定の産地のものだけを食べる、地産地消のようなことは避けるべき、という文献を目にすることがあります。避けるべき、という表現は地産地消を否定しているわけではなく、私は食の安全に対するモノサシを振り返ることで、食、食品の知見不足を補っていきましょうというアドバイスと受け取っています。

びんのリユースプロジェクトに関わりはじめて、食に対する知見の圧倒的な欠如に苛まれていました。食品は未知の化学物質のかたまり、と言われます。そうした未知のリスクを管理するもっとも効率的な方法はリスク分散です。故に、地産地消の取り組みを進めながも食品安全機関が食品安全の為には色々なものを食べましょうと訴えているのはこのため、という文献はとても考えさせらます。

食の安全性と言えば、農薬、添加物、公害などの汚染物質に探りを入れますが、もっと知見を深くする事で、例えば、食品ロスの問題でも残留農薬の基準値だけを見て廃棄してしまう盲信的な行動を制御して廃棄量を減らすことが可能になるかも、と思ったりします。追えば追うほど深みにはまっていき、キリがないのですが信頼性を高めるには日々知見を深めていくのみです。

[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-02-09 11:40 | look/gaze