入り口あれば、出口あり

福祉サービス要望解決の第三者委員として児童養護施設の会議に参加。会議の後は子供たちと一緒に夕食を頂き、ジャレ合ってきました!
児童養護施設には、満18歳未満の様々な要因で社会的養護を必要とする子どもたちが児童相談所を通して入所してきます。ひとり一人の子どもたちの発達を見守り、心身共に健全な社会人の一人として生きていけるよう養育していますが、中には被虐待を経験して心に傷を負っている子どももいます。児童養護施設はそうした児童たちの生活の場であり、傷をいやす場でもあるのですが、今まで虐待者から受けてきた理不尽な関係性を、施設生活において職員や他の児童などへの関わりの中に再現してしまうことある。結果、様々なトラブルが起きてしまう。

生活における児童の要望について、児童が自らの生活に主体性が持てるよう、また、権利擁護の観点からも、積極的に児童からの意見表明を受け付けるシステムがあり、委員会議は児童たちの意見表明を職員から聞き、迅速に解決方法を探し出し対処していこうとするものです。 子どもたちが児童養護施設に入所しなければならない事情は本当に様々で、まだまだ私の理解度ではうまく説明することができません。

ここ数年、多様性とか共感、共生という言葉をよく耳にすることが増えています。自分の関心があることや知らせたいことには、共感したり・できたり、多様に考えられたり・表現することができます。けれど、関心ない事には反応することが困難です(私もその類の一人です)。

自分から見て、ということを得意とするのが人間なのかもしれません。私は自分が思っている以上に社会のことは知らないだろうなぁと、いつも反省します。
「人と人とが共に生活するということはどういうことか?それは、お互いがその年齢にあった役割と、責任を担い、協力し合い、人のためになる人間として、必要なことに協力を惜しまない人に成長するよう支援していきたい(支援方針)」。まだまだ色々なことを知って覚えて社会の中で試行錯誤できる場の創出に努めたい、かかわっていきたいなと思います。入り口あれば出口あり、です。

a0259130_21560967.jpg



[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-09-19 21:56 | look/gaze

扇置く

秋本番 もうすぐ

a0259130_08301047.jpg


a0259130_08320855.jpg



[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-09-18 08:33 | unclass

枕もとの準備品

震災に備え、枕もとの靴を変えてみました。所謂、安全靴で、かっこよく言えば、カジュアルセーフティスニーカー笑 

材質はアッパー:合成皮革、ソール:合成ゴム、先芯:鋼鉄先芯 で質量は片足430g。

靴の中に突っ込んでいるのは手袋、そして靴下も入れておきます。激しい地震の後はタンスや様々なものが室内に散乱します。中には鋭利なものもありますから、素手・素足はご法度です。

...

スリッポンタイプの方が扱いやすいのですが、今回はがっちりタイプで準備してみよう思います。また、この赤いラインは避難所でもわかりやすいし、他の人からみても「あの赤いラインの入った靴の人」と特定されやすいので、混乱する現場で「私は、あの人はここ!」と存在が認知されやすいように。
それに普段履きでも、そんなに変じゃないかな・・と。合成の靴も履かないと劣化が早いですから。
深夜に家族を素早く助けるための準備を・・自分は無事である、という想定ですが。

その他、私の場合は枕もとに、お薬手帳とメガネケースに入れたメガネを置いています。お薬手帳には震災後の生活に必要な個人情報が記載されていますし、視力が悪いのでメガネも後々の生活には不可欠。準備するものは人それぞれですが、私にとって震災後の暮らしに必要なものとして準備しています。

靴は島忠ホームズで2,980円(税込)。ネットの方が安いけれど靴は履いてみないとわからないので、いつも店頭で選ぶようにしています。地味ぃーな投稿で恐縮。


a0259130_18433429.jpg


[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-09-17 18:43 | 防災
展示10作品のうち、7作品の入替をしました。
メッセージ(※1)の4作品は一昨年の作品で当時中学3年生の読み応えある作品です。組写(※2)には、最近話題の海洋プラスチックごみに関連する作品も展示しました。
環境の課題をストレートに訴えてくる高校生、中学生の作品をお楽しみください!


会 期 2018年9月8日(土)~9月20日(木)
会 場 横浜中華街パーキング エントランスロビー
    http://www.chukagai.or.jp/
    (神奈川県横浜市中区山下町94番地)

そして2018年の公募作品の締切は10月7日(日)です。
応募、お待ちしています!
http://kankyo-design.org/kumi-sya

(※1) 1枚の写真に400文字以内のメッセージが綴られた作品
(※2) 2~3枚の組み合わせ写真 と45文字以内のタイトルで構成された作品


a0259130_23075785.jpg



[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-09-16 05:30 | かんきょうデザインプロジェクト

まんざら

遠くに見える煙突の煙がものすごく空に広がっているように見えた
イマドキはこんな排煙はないけれど、かつて公害に悩まされていたころはまんざらな風景でもなかったのかも。
自然の造形、なにかの警告だろうか・・

a0259130_18524543.jpg


[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-09-15 18:57 | unclass

定期訓練

a0259130_23520444.jpg


今夜は地元消防団の定期訓練。機材の中でも機械ものは時々触って動かしてあげないと、イザのときにストライキを起こされては困る・・ということで今夜はチェーンソーの点検、動作確認を行いながら消防団員の基礎的諸能力も同時に確認。先の台風21号の烈風による樹木の倒壊で発生する通行支障を復旧させるには欠かせないチェーンソー。今日は切断の訓練まではしませんが、エンジンをかけ、うなりを上げるチェーンソーの取り扱いは気が引き締まります。税金で配備されている防災資機材品、きちんと、いつでも使えるように、これからも訓練を続けていきたいと思います。


a0259130_23522787.jpg








[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-09-14 23:52 | 防災

知識より意識

a0259130_09142403.jpg
今朝の神奈川新聞に「相次ぐ不祥事にウンザリ」という読者投稿の中の「危機管理のポイントは、知識より意識。意識があってはじめて知識が生かされる」の一文に目が留まりました。
例えばエレベーターの優先マークを確認したら、隣や後ろに優先して該当される方がいるか確認をする、ということを意識すれば優先マークの機能が果たせたことにな.>
小さなことながら、いつも意識していれば街の良いところや不具合、仕事でも今まで気づかなかったことが見えたり、わかったりして、小さなことの積み重ねが後に大きな差となって表れてくるかもしれませんね。きょうも読者の方から素晴らしい見識を学びました。


[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-09-13 09:35 | look/gaze