人気ブログランキング |
音楽×環境「対バンやろうぜ!」PR動画 できたー!


日時 2020.03.27(金) 17:00 open 17:30 start
会場 横浜セブンアベニュー

高校生・大学生500円(+1ドリンク)
大人1500円(+1ドリンク)
入場料の一部は環境保全活動団体に寄付します。

環境問題の解決には・・
技術開発や社会経済の仕組みづくり & 人々の意識や価値観を更新していくことが大切なんだ。
音楽の持つ伝達力や共感力で、大量消費社会に対し社会的な提案につながるLIVEをやっちゃうよー

参加アーティストのオリジナル曲やカバー、MCで環境への想いを謳うよ!
エンディングは「エコ」や「環境問題」に関して、市民の皆さんからいただいたワードをもとに書き下ろした楽曲を全員で謳うよ!

遊びに来てねー 横浜セブンスアベニューで待ってます!

# by AKIO_TAKE | 2020-02-17 10:53 | かんきょうデザインプロジェクト

知りたいことは何なのか

消防団の情報受伝達訓練に参加してきました。
ある地域を震源とする震度6の地震が発生、自分が所属する消防団の器具置き場に徒歩や自転車で向かい、各所属区域の本部及びデジタル無線機のアンテナ設置を速やかに行い、警戒本部と無線による情報受伝達を行う、という訓練 (長い説明で恐縮・・)。

実際に想定した災害現場に向かい、現場の状況を具体的に報告をする訓練も例年通りに。今回は無線だけではなく他の手段も取り入れて試行してみたり、しかし、新たな手段も実際の災害時にはどれくらい機能するのかなど、毎年実施している訓練ですがやればやるほど様々な想定やギモンが湧いてきます。でも、それは当たり前の事です。

今日のような雨天時かもしれないし、平日と休日では交通量も違うし、3年前とは異なる道路や建物もあるだろうし、街や地域は1日たりとも同じ表情を見せてはくれないもの。ましてや非常時、状況変化の整理や情報受伝達のスピードは訓練時でさえもおぼつかない・・故に、訓練するんですが。

個人的な反省として今回の教訓は「知りたいことは何なのか」を訓練とは言え、もっと明確にしないと「伝える態度が曖昧」になりかけるし、いちいち言葉尻が気になったりして感情が高ぶってしまいそうでした。落ち着く、ということは平時でも難しいものだと改めて思い知った次第。

知りたいことは何なのか_a0259130_16530947.jpg

# by AKIO_TAKE | 2020-02-16 16:53 | 防災
ポスト・プラスチック社会の模索の中で_a0259130_15214824.jpg
プラスチックが環境を汚染しているかのような風潮ですが、そうではなくプラスチックを利用する人類の振る舞いに問題あり。振る舞いの再点検と修正が忘却の彼方になってしまうのは本末転倒に。

持続可能な社会のために、ポスト・プラスチックを模索することはとても重要です。これまでの振る舞いを無にしてしまわないように、そして、今まさに廃棄されているプラスチックの適正処理と処分を怠らないようにしながら未来のアイディアをつくりだしていきたいですね。

安易なペットボトル化がプラスチックごみを増やしている、と言われています。そんなわけで、今日は少しですがペットボトルキャップをプラスチックの箱の原材料として再生利用してくれる工場に引き取ってもらいました。

# by AKIO_TAKE | 2020-02-15 23:48 | 3R

見透かされる

食品ロスと闘う東京五輪 → https://2020.yahoo.co.jp/minnano2020/yahoo/72

食品ロスジャーナリスト 井出留美さんの提言
「大会中だけいい格好しようとしても、それはできない」・・その通りだなぁ。

食品ロスだけではなく、色々なシーンに当てはまりそう。


# by AKIO_TAKE | 2020-02-14 17:44 | 環境
1859年の横浜開港当時の市街地は、住民の衛生観念が乏しく低地や湿地、沼地等至る所にごみが投棄されていました。
この環境汚染が外国人居留地へ影響を及ぼす恐れが大きくなり・・
1862年に日本の清潔法のはしりともいえる回状(用件を通達した書状)が出されました。
1871年にはわが国初とされる公衆便所が辻々83ケ所に「路傍(ろぼう)便所」として設置されましたが、4斗樽大(72㍑)の桶を地面に埋め、板囲いだけの簡易なもの。
人口増加、不体裁で汚物が路上にあふれ改善を迫られ、1879年に63ケ所の「公同便所」を新設。し尿は近郊及び千葉県下に運び、肥料としたので横浜市内は清潔の観を呈したとのこと。

月日は流れ、1900年に現在の「廃棄物処理法」の基となる「汚物掃除法」が公布され、この法律によって日本の市町村に汚物の清掃及び処理・処分が義務付けられました。 
「汚物掃除法」の目的は「伝染病予防」です。そして戦後、経済の高度成長は物資の豊かさをもたらし所得の向上と相まって社会を大量消費時代へと方向づけていきました。このため、不用耐久消費財を含む多種多様な廃棄物を排出させ、時を追って増大。
1970年、「廃棄物処理法」が公布されましたが、ごみを処理する目的から公衆衛生は外れていません。
なぜ、ごみを放置してはいけないのか・・
それは、公衆衛生の向上をしなければならないから。
公衆衛生の機能がこわれたらどうなるか。
勿論、法の目的はそれだけではありませんし、時代遅れなことを言うな!とのお叱りもあるかもしれません。
でも、なぜ、ごみを放置してはいけないのか・・
日々のニュースを聞きながら、あらためて公衆衛生とは、を考えてみる時期ではないかと思っています。

公衆衛生をごみ処理の視点から_a0259130_17254380.jpg

# by AKIO_TAKE | 2020-02-12 12:22 | 環境
昨春の発刊当時に書店で見かけたものの 手にはしなかった一冊
今日改めて書店で見かけたら 続々重版とな・・
急かされるようにレジヘ なんか流行りに弱いのかな((笑))

不安定な評価 →「空気」_a0259130_09480323.jpg



# by AKIO_TAKE | 2020-02-11 23:40 | book

ハラハラドキドキ

南極で18.3度を記録
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55420360Y0A200C2000000/
完全なデータを待ってから精査するようですが世界各地で相次ぐ異常気象は気になりますねぇー

農林水産省の数値によれば、日本国内の食料消費が国産でどの程度賄えているかを示す数値「食料自給率(カロリーベーズ)」は37%。
長期的に低下傾向で推移するこの数値。食料の半分以上が海外からの輸入・・
ということは、日本の食生活の安定は日本の天候より海外の天候に左右される。


気象庁では、週ごとの世界の異常気象を発表しています。

https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/weekly/

天候は国際取引商品でも重要な分析項目・・

ナンダガハラハラドキドキです。


# by AKIO_TAKE | 2020-02-10 15:52 | 環境