人気ブログランキング |

人間国宝の人形師が、薄れゆく伝統芸能を憂う呟きから始まるドキュメンタリー映画「台湾、街かどの人形劇」
http://machikado2019.com/index.php

時代に翻弄され、長き不遇にも耐え、しかし新たな変化をしなければ忘れ去れらるという葛藤・・台湾だけではなく世界中の伝統芸能が同じような境遇下にあるように思います。

いつしか日々の暮らしから離れてしまい_a0259130_19342766.jpg

高さ30㎝程の赤い木箱には戯劇の神さま”田都元帥”が鎮座し、人形師の一番弟子が「私が継げば毎日線香を焚く フランスに行けばただの芸術品だ」と放った言葉に「伝統」とは生活の延長にあるものだと改めて意を強くします。

人間国宝も「近頃は役所の仕事ばかりだ」「呼ばれてイベントをする 情けない」と嘆く。かつては「街かどの人形劇」であって堅苦しいものではなかった。それがいつしか芸術とされ役所の後押しで披露しなければならなくなった。(生き残れなかった)

それぞれ国や地域の事情、政治的な側面もあって継承のスタンダード化はできない。しかし、それでも新しいなにかを願わずにはいられない。

「武松打虎(ウー・ソン・ダ・フー)」の布袋戯も映し出され、さらに親しみが(笑)

主題歌は台湾歌謡とオルタナティブロックの融合バンド「拍謝少年Sorry Youth」。
https://www.youtube.com/watch?v=dupkKrTAgZo
(曲は3:00~はじまります 歌詞はなに言っているかわかりません 苦笑)

シネマ ジャック&ベティ 1月31日まで
http://www.jackandbetty.net/


いつしか日々の暮らしから離れてしまい_a0259130_19344910.jpg



# by AKIO_TAKE | 2020-01-22 19:34 | movie

Winter Blue

Winter Blue_a0259130_17295345.jpg
Winter Blue_a0259130_17314817.jpg

# by AKIO_TAKE | 2020-01-20 17:32 | unclass

「伝える」の限界を伸長

「伝える」の限界を伸長_a0259130_17271907.jpg
どうすれば伝わるのか、どのように伝えれば理解して行動に移してもらえるのか・・仕事柄、そんなことを四六時中考えています。
なにかヒントは無いかと、不寛容に傾く世界を憂い、写真を通して世界の「今」を取材し、被写体と過ごす時間やなにより個人が個人に訴える立場を大事にするというポリシーで活動されているフォトジャーリスト 林典子さんの講演に行ってきました。現場、現地で経験を積まれた語り口は、その時を思い出しながらなのか、とても明瞭で聞きやすく深くしみ込んできます。

〇「他の国で起きている問題、それぞれの地域で独特の文化・価値観に基づいて行われている問題を扱うとき、どう伝えるか」
〇「複雑な問題を単純化しないで、複雑な問題は複雑に伝え、相手に考えてもらえるように」

中でもこの2つのフレーズは仕事だけではなく地域の活動にも通ずるので、パズルを完成させるかのように、まだまだ足りないピースをじっくりと探したいと思います。

# by AKIO_TAKE | 2020-01-19 18:20 | work

結局 rainy day。

洗濯物が乾かないや・・

結局 rainy day。_a0259130_21220990.jpg


# by AKIO_TAKE | 2020-01-18 21:24 | unclass

古文書

2014年発刊の本書あとがきより・・

これから備えるべき自然の危機は3つある。
第一に、地震津波などの地学的危機。
第二に、地球温暖化に伴って台風や集中号が激化することによる風水害・高潮・土砂崩れなどの気象学的脅威。
第三に、世界の人的交流の進展やテロの可能性が高まり、抗生物質耐性菌・インフルエンザ・出血熱など感染症学的危機も高まってきている。

第二は、昨日投稿したオーストラリアの森林火災、第三は、中国・武漢で発生したとされる新型ウイルスによる感染症、第一は、この一週間以内に沖縄や九州で発生している地震と、備えるべき自然の危機はすべて現実のものになっています。

本書の著者は「武士の家計簿」の著者でもある、磯田道史氏。武家文書の調査をしながらも常に災害史が頭にあったので、地震や津波の史料があれば収集し、その積み重ねの成果が本書と記されています。人物史から災害を焦点を当てているので、災害の発生前後や災害への備え方の人心が物語的に伝わってきます。まさに先人の知恵に学ぶ「防災」が描かれています。
古文書の保管や古人の叡智の継承が、いかに重要で、そして現代に生きる人々の命を救うことができるかを痛感します。

最後に、阪神・淡路大震災から25年が経ちました。あらためて犠牲者の方々を偲び、哀悼の意を捧げるとともに、ご遺族の皆様にお悔やみを申し上げます。

古文書_a0259130_17053503.jpg
新書: 221ページ
出版社: 中央公論新社
ISBN-10: 4121022955
ISBN-13: 978-4121022950
発売日: 2014/11/21

# by AKIO_TAKE | 2020-01-17 17:06 | 防災

地球は努力しているのに

今朝の「羽鳥慎一モーニングショー」で取り上げたオーストラリアの大規模火災。Twiterでは火災発生直後から現地の様子が伝えられていましたが、ようやくテレビでも伝えてくれるようになりました。火災発生から4ケ月が経ち、その焼失面積は日本でいえば首都圏+東北6県の面積に匹敵し、そして多くのほ乳類・爬虫類・動植物たちが犠牲になっている・・・とにかく1日も早く鎮まってほしいです。

日本の自衛隊も現地の消防士さんへの支援物資輸送のために、昨日、飛び立っていきました。自衛隊が大規模火災で海外へ派遣されるのは初めてとのこと、大変なお仕事です。

火災原因は雷や火の不始末が考えられるとのこと。解説の中で火災が広がった一因がユーカリの木である、ということにびっくりしました。オーストラリアの森林の約70%がユーカリの木で、しかも、ユーカリの木は揮発性の油分を多く含み、「ガソリンの木」と称されているとか・・・( コアラのエサと言えばユーカリの葉、が思い浮かびますが、ユーカリの葉は昆虫や野生動物に食べられるのを防ぐため油分が含まれ、消化が悪く一般に動物の餌としては適さない。参考:ウィキペディア )

火災の長期化は①平均気温(1.5°C以上)の上昇 ②降水量減(1961年~90年の60%)が挙げられ、地球温暖化が誘発したと思われる気候変動が原因、と専門家やコメンテーターも発言していました。

近年の地球では、気候変動が原因と思われる異常気象や災害が多数発生しています。地球は、地球のどこかで高温になれば、どこかに雨水をもたらすなど、異常を察知すれば地球自身がプラマイナスゼロにする努力をしていますが、残念ながら人類の行動や活動は地球の努力をあざ笑うかのような振る舞いをしているのではないかと、オーストラリアの森林火災は警告をしているように思います。

人類が文明を発展させることができたのは、地球の気候が安定したから。そして、それは経済活動にも言えること。たしかに、かつては地球全体が凍結する時代もあったわけで、そんな時代では人類が存在し、文明を発達させ経済活動を促進させることは不可能です。

地球温暖化と、なんとなくやんわりとした言葉に日本の地で暮らす私は、どこか他人事になっていないか・・
人類も生きられる地球を守る・・これまでも、これからもできることは一生懸命に。

# by AKIO_TAKE | 2020-01-16 23:28 | 環境

脱テンプレート

脱テンプレート_a0259130_21353575.jpg
2020年の金融マーケットのキーワードはなんといっても、11月のアメリカ大統領選挙で、
そして、日本は2019年よりはスローダウンせず、ゆるゆると成長する2020年となるのではないか、という一つの見方。
ただそうなるには、景気や業績が下がるだけ下がり、相場が最も下がり、それが下げ止まった(上向きになりかける)ことが前提であるとのこと。

東京オリンピック後の日本経済に警鐘を鳴らすアナリストは多い。
テンプレートのような生き方はジ・エンド。

# by AKIO_TAKE | 2020-01-15 22:06 | work