人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

講師陣のクオリティ向上をめざして

講師陣のクオリティ向上をめざして_a0259130_22521369.jpg

これまで小中学校や市民団体のみなさんから「分別した後の古紙やプラスチックはどうなっているの」などの疑問にお応えするリサイクル出前講師をさせていただいてきました。いつ頃からだったかなと調べてみたら平成15年から始めていました。夏の気配を感じる頃になりましたから、会場は「屋外の大きな木の下」でもOKです!!晴れている日に屋外で聴く環境の話も、また違う雰囲気でいいものです、自分で言うのもヘンですけれど。

もちろん、これまで通りボランティア活動を行ってまいりますが、自分たちが持っている情報の頻度や鮮度を高めること、講師としてのクオリティもさらに向上させる、そうしたことを目標のひとつとして、友人たちと有料の環境セミナーを企画しているところです。

環境問題と一口に言っても、切り口となるキーワードは多数・・・
水問題、化石燃料、地球温暖化、風力発電、多様性、もったいない、3R、ハイブリッドなどなど。

現在企画しているセミナーのプログラムに食料廃棄のキーワードを入れています。2040年には食卓に上がる魚の2/3が食べられなくと言われていたり、先進国の中でも日本の食料自給率は40%と低く、海外からの輸入に頼っているのが現状。

しかも、日本は少子化になっていきますが、世界人口は増加傾向にある。食料生産国は、まず自国民を食べさせることが政府の責務ですから、日本向けの食品や食料原料の供給をこれまで通りというわけにはいきそうもない。実際にそうなるかの確約はない、しかしながら、ある日突然供給量を半減すると通告されない保証もないわけです。世の中、グローバル化ですから。

明確な回答が存在しないことの方が多いですが、それ故に、「話を聴きたい」と待っているだけでは、講師陣としてのクオリティは上がるどころか劣化する恐れさえあります。それはなんとか回避しなければなりません。そんな訳で企画考案中です。
by AKIO_TAKE | 2013-05-07 23:36