吸うか吸われるか

a0259130_23394756.jpg

1日、空けてしまいました・・・

ことしの3月16日に東急東横線と東京メトロ副都心線が相互乗り入れを始め、みなとみらい線と東武東上線、西武有楽町・池袋線を加えた5路線がつながって、まもなく2ケ月になろうとしています。

みなとみらい線の各駅をよく利用しています。最近はホームに進入してくる車体や埼玉県内の施設などを掲示する車内広告への違和感は少なりつつありますが、行先表示の和光市とか、森林公園とかの名称には、まだ親近感というか安心感みたいなものが湧かない、って感じです。東横線終点だった渋谷には、高校の頃から幾度となく行っているので勝手知ったるとまではいきませんが、ちょっとだけ「なじみ感」はある。小江戸 川越や東武東上線沿線沿いの観光地にも一度は行ってみなきゃダメですね。

それにしてもGWの中華街は混んでました。連休後半は歩くのもやっとのペンギンウォーク状態で、この2ケ月の間、平日でも人の波が途切れるということは、殆どありません(ただ、夜間はだんだん引きが早くなってます)。
地元としてはうれしい悲鳴ですが、街の個性をつねに問い直してメンテナンスを施さないと、ストロー現象で街が廃れないとも限らない。多忙故に、顧客サービスが低下することも懸念されます。
吸うか吸われるか、交通網の開通により、いまは多くのお客様でにぎわっていますが油断は禁物です。
[PR]
by AKIO_TAKE | 2013-05-12 00:16