人気ブログランキング |

リサイクル現場からの見方

リサイクル現場からの見方_a0259130_13585886.jpg

医療機関から排出される使用済みの注射器や血液付着のある「医療系廃棄物」を入れる専用容器の原料の一部に、ペットボトルのキャップを利用しています。1ケ月に一度か二度、障害や年齢を問わずに様々な暮らしの支援する地域作業所に回収に伺い、容器をつくる工場まで運んでいます。

季節的にはそろそろ春なのですが、キャップを集めていて今冬に感じていたことが一つ。それは、ホットドリンクのみつけることが許されているオレンジ色のキャップが少ない、ということ。

なぜだろうと、いろいろと調べているとコンビニで販売しているドリップコーヒーに要因がありそうです。

お弁当などを購入した際、少し前は温かいペットボトルのお茶を一緒に買っていた方が、セブンカフェやローソンのマチカフェなどのコーヒーを買っていかれるとのこと。以前は、職場に持ち帰り、キャップをためていたのですがコーヒーになれば温かいペットボトル容器は買わない。なので、オレンジ色のキャップを見かけることが少なくなった。
しばらくしたら、今冬のペット容器ホットドリンク販売数などがわかるので注目してみたいと思います。
by AKIO_TAKE | 2014-03-19 14:00 | work