人気ブログランキング |

泣いて、考えて、考えて、笑えればいい

今日は企画運営の見直しや資金調達について、あれこれと頭をひねった。
事業計画や収支予算などの提出書類とともに、社会貢献とか到達目標点を書き込んでください、といった記載欄があります。申請先の様式に合わせ、また、こちらのコンテンツによって表現や伝えたいポイントを変えてみたりと、それなりに工夫を要し、そして疲労感溢れる避けて通れない記載項目・・・。

環境問題は連鎖している故の複雑さから放置されがち。でも、「つながっている」のであれば、どこかひとつだけでも良くなれば、次の課題もよくなるはず・・・
未来永劫、環境分野に関心・興味を持っていただけるように、ひとつの効果は小さくても個人レベルで最高のビジョンを描き、永くたのしく続けられる活動を日々の中で実践できるよう工夫すること。そんな小さな活動の連鎖が複雑さから発生する無関心、放置を防ぎ、人材育成に効果的なのではないか。

さらに、地球上において日本は衛生管理も行き届き、廃棄物の処理もだいぶ適正に行われるようになってきたが、しかし、地球という規模でみれば、まだまだ地球のどこに行っても汚染や環境問題であふれかえっている。グローバル化が進むとされるなら、世界の人々が健康な生活をおくるために,周囲の環境の保全または改善をはかる環境衛生の分野は、これから世界の中で日本がしっかりとした力を発揮できる分野に成長できる可能性があると思います。

「ごみ」はその国の生活様式、文化を映し出します。日常の「ごみ」の先にある、暮らしや文化を想像することで、一面ではあるものの、その国を学び、そして知り、世界のいたるところで日本の若い人たちが活躍できることを願って、ことしこそ(!?)終わりよければすべてよしとなるよう、「かんきょうデザインプロジェクト」の活動に尽力します。

泣いて、考えて、考えて、笑えればいい_a0259130_21224860.jpg

by AKIO_TAKE | 2015-04-27 21:45 | かんきょうデザインプロジェクト