人気ブログランキング |

視点に多様性を

街で円滑に商業活動するためのルールづくり、催事やイベントの運営など、横浜中華街に発展に寄与する活動を行っている横浜中華街発展会協同組合(以下、発展会)。

この発展会の活動のひとつに、中国の文化から歴史、横浜中華街や周辺地域までの情報を伝える役割を担う横浜中華会コンシェルジュという活動があります。2000 年より、2年に一度、7回ほどの座学と資格認定試験を経て、中華街のオフィシャル案内役としてコンシェルジュの称号が与えられます。現在は約150名余が各自の店舗や街中で、中華街に訪れるみなさんをご案内しています。

今期、不肖 武松がこのコンシェルジュ委員長を務めさせていただいており、6月に交流会、10月に横浜野菜の農地視察ツアーを企画し、各方面方たちの協力をいただき、開催することができました。

そして、一昨日は中華街内のカフェや飲食店をお借りしながら、コンシェルジュの根幹である「ホスピタリティ」をブラッシュアップする機会を提供することを目的としたプログラムの第一回目を開催。

メインテーマには横浜中華街「食べ放題」についての考察を設定し、実際に食べ放題のPRを積極的に行っている店舗を食べ歩いた方から提供された資料等を基にディスカッションをしてみました。

ここ数年、「食べ放題」のお店が増えたねと友人たちに言われることが多くなっています。現在、30店ほどが食べ放題の店舗として数えられています。良くも悪くも高級感のある中華街のイメージがかわったとか、料理がイマイチだったとかと負の感想がある一方で、提供時間が早い、色々な種類が食べられる、値段を気にしなくていいという声も聞かれます。

看板も目立つので、街を歩いているだけでも印象が変わるのは確かです。視覚的、味覚的、感覚的にもお客様の趣向の移り変わりも早いので、街のコンシェルジュとして、さまざま視点で街を捉えられるようにと開催したプログラムです。

第2回目は2016年1月下旬に「春節と獅子舞」のテーマで開催。来年の春節は2月8日・・・時のたつのは早い。

視点に多様性を_a0259130_795449.jpg

by AKIO_TAKE | 2015-11-19 23:58 | work