人気ブログランキング |

クラウドファンディング最終日

2015年11月14日から、資金調達のお願いとしてスタートしたクラウドファンデング(以下CF)活動も、いよいよ最終日となりました。募集終了は今夜の 23時59分です。

はじめに、CF資金募集期間の80日間、いろいろな方たちに支えていただきましたこと心より感謝申し上げます。お仕事の時間を削って、お話を聴いてくださったり、同行して一緒にお願いをしてくださったり、改めてCFを通して、かんきょう文化祭の実現を目指して良かったと思います。

あと6時間余りで終了となりますが、最後の支援依頼方々、投稿です。

クラウドファンディング最終日_a0259130_17341274.jpg


最近、家庭のごみ置き場に貼られているごみ収集日のチラシを見ているカラスに出会うことが多くなりました。「多様な生き物が関わり合いながら、生命と暮らしを支える生物多様性と言っても、人間にとっての生物多様性なんだろうなぁ~」と、そんなボヤキがカラスから聞こえてきます。

「おっ、食料発見!!」と一目散にごみ袋をつつくも、ごみ袋の中身は、缶・びん・ペットボトルや容器包装のプラスチックばかりで残念ながら食料でない「資源の日」。ごみの分別が始まってから、きょうの「ごみ」は何だろうとごみ集積所に貼られた紙を見つめ、ごみ袋の中身を確かめている様な眼差しです。まぁ、そんなこと考えている訳はないでしょうけれど、カラスたちにとって街中は生きづらくなる一方・・・だから、ごみに被せてある網なんかも器用に外したりする知恵が働くのでしょうか。

カラスだけじゃなく、川や空気、海や森林が人間が理解する言葉を持っていたら、どんな言葉を人間に言うのでしょうか。そもそも迷宮入りしそうなことを考えても時間の無駄、と反論されたら返す言葉もありませんが、時には、そんな視点で環境問題を論じてみるのもおもしろいかも、と思ったりします。想像するのはもっともお金のかからない学びですし、一番身近な楽しみだと思います。

かんきょうデザインプロジェクトは「環境を考えるという事は、次の人のことを考える力をつけること」を合言葉に活動しています。

若い世代のみなさんのお力を借りながら、行動をおこしていくきっかけとなる情報を創りだし、環境負荷を軽減するための動機づけの仕組みづくりを実践していきたいと考えています。

良好なコンディションの未来を次の人たちに渡せるよう、かんきょう文化祭を通して新しい手立てを見つけに行きたいと思います。ご支援の程、よろしくお願いします。

プロジェクトサイト⇒ かんきょう文化祭

ご支援いただく3つの方法のご案内です。

【応援方法 1】 クレジットカードによるご支援
クレジットカードによるご支援は、動画右横オレンジの下地に白抜きで「このプロジェクトを支援する」と書かれたボタンからお申し込みください。今夜の23時59分までに、手続きいただければ嬉しいです。

【応援方法 2】 現金によるご支援
現金によるご支援はメールアドレス info@kankyo-design.orgへ、現金による支援申し込みの旨と金額をお知らせください。現金の受け渡しは後日でOKです。

【応援方法 3】 振込による資金提供
振込によるご支援もメールアドレス info@kankyo-design.orgへ、振込による支援申し込みの旨と金額をお知らせください。振り込みも2月2日以降でOKです。

なお、応援方法2および3については今夜の23時頃までにメールでその旨をいただけたら嬉しいです。宜しくお願いします。
by AKIO_TAKE | 2016-02-01 17:35 | かんきょうデザインプロジェクト