人気ブログランキング |

資金調達

民間団体が事業主体として公的機関から活動資金を提供してもらう助成金や補助金とは異なり、民間団体からの申請書を参考に環境省が仕様書を作成し、その仕様に基づいて事業を行うのが請負事業。事業主体は環境省となり、請け負うのが民間団体という請負事業の公募事項について環境省でヒアリング。

丁寧な説明で、請負事業については理解できたので良い時間を過ごせたと思います。環境省曰く、きょうの公募事業のヒアリングの特徴は、団体或いは事業者の想いやミッションではなく、「地域の課題」というもので、ここまでは一般的なパターン。ただ、この地域の捉え方が悩ましい・・・本当に地域に必要とされる活動かどうかが厳しく問われるのですが、ここでの地域はどこを指しているのかと言えば「行政施策」。読み替えれば「本当に行政施策に必要とされる活動かどうか」となる。

そして、課題解決の手段としては、取り組みに参画してくださる組織や人が複数いるかどうかがポイントですと、説明をいただきました。ここでいう組織や人は、民間団体・地域のキーパーソン・「よそもの」etcを指しており、簡潔に言えば市井の皆さんの活動が行政施策に必要なのかどうか、それを環境省のプロジェクト事業として検討するのかどうか…

地域課題を解決する事業を実施するための活動資金調達に向けて、さて、あと2週間が勝負だ。

資金調達_a0259130_15271775.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-03-10 15:28 | 環境