人気ブログランキング |

世界から見た日本の食の安全

昨日、投稿したセミナーのご案内です。主催団体の構成員として、私も活動しています。

「GLOBAL G.A.P」という言葉を知っていますか?
 
農業の生産工程管理の国際認証 GLOBAL G.A.P(グローバル ギャップ / GLOBAL Good Agricultural Practice)。
欧州を中心に世界110ヵ国以上で実践されている世界標準です。世界では約14万件の生産者がこの認証を受けていますが、日本では認知度が低く、359件しか取得しておらず(平成26年2月末現在)、神奈川県下では取得者がゼロという状況です(平成28年2月末現在)。
 
しかし、この認証を取得するということは、「食べる人の安全」(食品安全)、「作る人の安全」(労働安全)、「地球環境の安全」(環境保全)を世界基準で遵守している農水畜産物の生産者であり、世界的に認められた生産者である証を持つことにもなります。
 
今回は、生産者が取得するこの国際認証を、「使用する側」の飲食店関係の方、食に関係する方、そして一般消費者のみなさまに知っていただくセミナーを開催します。
今後、国際的なイベントが多く開催される横浜。イベントだけでなく、他県や海外からのお客様をお迎えするにあたり、素材や農業から考える「食の安全」は、重要な項目の一つになります。ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。

講師には、日本でGLOBAL G.A.Pの認証を求める生産者を牽引する、株式会社ファーム・アライアンス・マネジメントの 数納 朗(すのう あきら)氏をお迎えします。
GLOBAL G.A.Pとは何か、目からウロコの「世界から見た日本の食の安全」を、参加される全てのみなさまへ、わかりやすくお伝えします。

尚、この国際認証は、生産者が取得する認証です。生産者のみなさまも、ぜひご参加ください。 みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

<開催日時> 平成28年9月28日(水)14時~16時
<会場> 横浜市開港記念会館 2階 9号室
 ・みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分
 ・JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分
 ・市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分 
<参加費> 1,000円(税込) ※当日会場にてお支払い下さい
<募集人数> 55名(先着順)

参加ご希望の方は、下記のメールアドレスに、氏名、所属(勤務先等)、連絡先メールアドレス、連絡先電話番号を記載の上、お申込みください。
申し込み先アドレス→ info.hamahana.pj@gmail.com

<主催・お問い合わせ先>
はま華プロジェクト事務局  info.hamahana.pj@gmail.com

世界から見た日本の食の安全_a0259130_04516.jpg


世界から見た日本の食の安全_a0259130_042424.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-09-09 00:05 | work