目的を明確にするデザイン

a0259130_1065934.jpg


Next Eco Design展。
環境に配慮した設計として定量的に評価される取り組みとして、2004年からデザインを学ぶ学生の参加を募り、プロのデザイナーから実践的な指導を受けながらワークショップを通してエコデザインの理解を深める、今年で14回目となる展覧会です。

学生さんたちの自由な発想は、一辺倒になりがちな日々に刺激を与えてくれます。すべての作品に、環境配慮デザインのアプローチを示す4R表示も簡潔明瞭に書かれているので、廃棄物処理やリサイクルの業に携わっている方は、ぜひ参考にしてほしいと思います。表現を変えるだけで、見方や考え方が頭の中で変容していく様を感じられるのは、ある意味快感です!!

たぶん、そういうときはニヤニヤしてるんだろうなぁ~・・・ヘンなヒト、とか思われているんだろうけれど、学生さんたちの制作プロセスに耳を傾けるだけで頭の体操になります。

連動セミナー「エコデザインの社会実装」も参考になりました。いま、リユースびんの回収システムや制作に携わっていますが「商品化」という生みの苦しみに直面しています。今一度開発ガイドラインの調整や廃棄するときに迷わない商品づくりには、どんな思考プロセスが必要なのか。

持続可能な社会の構築に必要なイノベーションと成りうるためには・・・尽きない楽しみがある日々に感謝!

詳しくは → エコデザイン展 12月20日(火)まで
[PR]
by AKIO_TAKE | 2016-12-17 22:55 | 環境