見方次第

ちっちゃな跡、ワンちゃんの跡、引きずって歩いたような跡、ガッチリ体重のかかった跡、鳥が舞い降りたかも、と思う跡。それぞれ、思い思いにここを歩いたり走ったりしたんでしょうね。
あすになれば、また異なる跡がいっぱいついている。歩くばかりでなく風雨に晒されれば、あっさりと消えてしまう。

a0259130_22423736.jpg


足跡は「あしあと」と「そくせき」の二つの読み方があって、もしかすると僕は「そくせき」にこだわっていたのかもしれないと思うこの頃。「あしあと」と捉えていれば、あすになれば、あっさり、容赦なく消えちゃうわけで「そくせき」を確認する術が、もはやない・・・気が楽だ。

あっさり無くなるものに固執していてもしょうがないな、と。経験、体験は重要だけど過去は二度と戻ってこない。
[PR]
by AKIO_TAKE | 2017-01-04 01:17 | look/gaze