人気ブログランキング |

都心部がつくりだす風景

きょうの横浜、透き通るような水色に彩られ、とても良い天気でした。1月のやわらかな陽射しに映しだされた高層ビルのグラスウォールもキレイ。

都心部がつくりだす風景_a0259130_19274411.jpg

最近、50という年齢数を積み重ねているせいか、白い壁やガラス面に反射する太陽光が若い頃よりまぶしく感じることがあります。まぁ不快、ということではないけれど、意外と街中ではこの反射光のクレームが出たり、海外ではビルのガラスに集められた太陽の反射光が駐車している車両のドアミラーを溶かしてしまったり、ボヤ騒ぎになるようなこともあるとか。じつは、この光や明かりに関しては生態系や人々の日常生活にも影響を及ぼすことから、環境省では「光害対策ガイドライン」を制定し、過剰な人口光を抑制して良好な照明環境の指針を出しています。建築分野でも、法令での縛りは無いものの、建物が外部に及ぼす反射の影響を考慮した評価基準はあります。

天候と時間帯の違いで、まるでイリュージョンのようにグラスウォールに映る風景は都心部ならでは。楽しむも良し、そして環境配慮型の建物や光・明かりについて学ぶも良し。



都心部がつくりだす風景_a0259130_20225270.jpg



by AKIO_TAKE | 2017-01-15 20:23 | 環境