人気ブログランキング |

異常気象に私ができること

ますます巨大化するアメリカの竜巻
6月中旬の平均気温22.1℃のスペインで39℃越えを記録し熱波による火災が発生
イギリスでも高温によってアスファルト道路が溶け、交通の障害゛引き起こされた
ポルトガルの山火事は60名以上が犠牲となる
バングディシュは大雨による国内最悪の土砂災害が発生
アメリカのカリフォルニアでは熱波で40機以上のフライトキャンセル

ちなみにアメリカン航空は48℃を越えると離陸できず、日本航空は55℃、全日空は50℃前後で離陸しない。
アース製薬広報部によると50℃になれば蚊やハエ等、虫も、ほぼ居なくなるとのことだが現実になれば人間だってかなりのリスクにさらされるのは明白。

2017年も世界各地から異常気象による甚大な被害が連日のように届きます。
ことしは日本にも熱波が押し寄せてくるかもしれないとの予報がでていて、スペイン同様、6月中旬の平均気温16℃のモンゴルでは熱波により、なんと30℃を記録しましたが、もしかしたら今年は日本もそんな経験をするかもしれないのです。

ひとりひとりの人間は小さな水滴のようなもの。でも、水滴が集まって川や海となるようにそれぞれの地域で気持ちをひとつにして知恵を出し合えば、きっと解決策が生まれるはず。
企業では大したことはできない僕でしたが、地球に住まうひとりの人間としてライフスタイルを変えるような影響を僕の周辺の人だけでも与えられるような知識とセンス(判断力)をもっと高めたいです。かつては、ごみ処理の現場で働いた経験があったわけですし、できるだけゴミを出さないように、ゴミを再資源化したり、そのよう工夫をする経験は、地球の環境問題に関心を持てる「贅沢」な経験です。その経験をもっと活かさなきゃ、と思います。そのためには今以上に視座を増やすことが重要、それに尽きます。

by AKIO_TAKE | 2017-07-01 22:56 | 環境