人気ブログランキング |

世界から見た日本の食の安全

いま、地球上には約73億の人々が生活しているとされ、2050年には約90億人になると国連が予測しています。これだけの人々が食べていける食料生産について、すでに色々な機関で検証、実験作業が行われています。
品種改良や灌漑、農薬利用などで、この50年間の穀物生産は2.5倍に増えたとされるデータもある一方で、農地の劣化・開発等で穀物生産を増やすことは難しい、といったデータもあります。

ご紹介するセミナーは一言でいえば、食の安全をどのように評価するのか、その評価軸の一つである「資格制度」について「食の安全の視点から農業の生産工程管理を学ぶ」という内容です。

生産工程管理の点検なので、「食×環境」という観点から、環境関連事業に携わる私にとっても関連性がとても深いセミナーです。

2017年3月28日(火)18時30分から
会場は、横浜市開港記念会館。参加費は2,000円です。

いつもとは違う視点から、食や農について一緒に学んでみせんか。いつもと違う視点だから新しい発見に気づくかも!私も参加していますので、お時間あればぜひお申し込みください。
ご紹介するセミナー ⇒ 世界から見た日本の食の安全

世界から見た日本の食の安全_a0259130_00505375.jpg




by AKIO_TAKE | 2017-03-23 22:20 | work