人気ブログランキング |

食欲の秋を控えて

「それ、フードレスキュー」 ← クリックしてみてね

夕方のスーパーで消費期限・賞味期限がせまった食品に貼られる値引きシール。お得感あって消費者にはちょっと嬉しかったりしますよね。でもこの値引きシールを貼られた食品たちは消費者に買ってもらえなければ、あとは「ごみ」として捨てられる運命だけが残されます。

もったいない ごみとなってしまう食品の運命を変えられるのは私たち人間の消費行動だけ。

「それ、フードレスキュー」は、ごみへのカウントダウンがはじまった食品に値引きシールと「つれてって」メッセージの入ったシールを貼って、期限の迫った商品から買ってもらって、食品廃棄を減らそうよ!というキャンペーン。

どことなく廃棄の責任を曖昧にしがちなキャンペーンや施策の中でさりげなく一般消費者の「責」も問う動画もいい感じ。

いつまでも暮らしの営みが保てるように環境の視点だけではなくSDGsなどのいろいろな施策がPRされていますが、だからこそ、リデュース(ごみの量を限りなく少なく)、リユース(なんども繰り返し使うこと)、リサイクル(資源に戻して再生利用)の3Rで、自分の出したごみは自分できちんと片づける、という当たり前な日常行動が欠かせない・・

ここをスルーして持続可能な社会をつくろうなんて、それこそ享楽に溺れる人類のエゴと地球に指摘されないようにしなきゃ・・人類は制度を変えられるし、変えることができます。ただ、制度をつくるだけでは状況はなにも変わりません。

丁寧な日常行動が積み重ねが伴ってこそ。買い方の工夫で食料廃棄も減らしていきましょう。

※写真の値引きシールと「それ、フードレスキュー」のシールは無関係です。値引きシールのイメージとして。

食欲の秋を控えて_a0259130_12381364.jpg








by AKIO_TAKE | 2017-09-09 01:28 | 3R