人気ブログランキング |

あれもこれもではなく

自然災害後の弁護士に対する相談件数は、都市部では工作物や倒木による損壊、不動産賃貸借が多く、内陸部や山間部では遺言・相続や震災関連法令という項目が多いそうです。地域によって災害後の生活を立ち上げていくプロセスに必要とするニーズが異なってくるという事実は、自分の地域ではどんなことに備えておけばよいかを考える一つの指標となります。ニーズが異なる、それ当たり前だよねと反論したくなりそうですが冷静になって考えてみると防災への備えは意外と漫然としたものになっていることに気づきます。これまで日本各地で発生した自然災害の中から、自分の住まう地域にちかい被災地を探し、生活や事業再建のプロセスでどのようなことがあったのかを学んでみましょう。

新潟県中越地震以降は原発の心配もしなければならなくなりましたが、自分が活動不能になっても家族や会社が生活再建できるように今一度被害を想像して、備えることの質を少しずつ向上させたいと思います。考えるポイントを絞ることで今まで見過ごしてきたことが発見できるかもしれません。

by AKIO_TAKE | 2017-11-18 10:26 | 防災