自分の中ではヴィンテージ

「ディレイ系のエフェクターは新しい方がノイズ少なくていいよね」と刺激的な言葉をささやく友。そりゃ、今となっては30年前のDD-2(写真左側)じゃ、実用的じゃないといいたい気持ちもわかるけれど、ギターも弾いてないし、バンド組んでデッカイ音出しするわけじゃないから「もったいないじゃんか」と心の中で応戦。

a0259130_20244391.jpg

が、あっさり見抄かれたように「ギター、またポチポチ弾けばいいじゃん。どっちみち、弾くというより触っているだけだし笑」と、まぁその通りではあるが。
で、いまはインターネットいうものがあるので30年まえのエフェクターでもシッカリと製品スペックや詳細な開発プロセスを知ることができる。早速検索してみれば、
コンパクトエフェクター製品を細かくレビューしている「BOSSマニア共和国」というサイトがあって、DD-2も紹介されていました。

いまは悠長にギターを触る時間もないので新しいエフェクターを買うことはないけれど・・・たまには電気通してあげないといけないかぁ~と。このブログ書き終えたらシールドぶっ込んでみますか!!


[PR]
by AKIO_TAKE | 2017-04-22 20:43 | fun&hobby