人気ブログランキング |

ブランディング

午前中の横殴りの雨にひるむものの、午後の好天予報を信じ、農産物の資源化と試作依頼でさいたま市へ。
どんな農産物なのかは、まだお知らせできずで申し訳ないのですが、似たような部位でこれまで開発・製品化されているので超えるハードルはそんなに高く
はなさそう。ただ、本件もリサイクル事業の尽きない悩み「入口あって出口なし」の状況は遅かれ早かれもたらされるので、打ち合わせ中も製品のブランディングをどうするかという意識に胸の内を支配されていました。

入口あって出口なし、とは
例えば、10ンの飲み終えたガラスびんを集め、こなごなに割って、新しいびんをつくったり、蛍光塗料素材の一部として10トン利用できていれば、出口はちゃんとあることになります。でも、新しいびんをつくらなかったり、何かの素材として一切利用されなければ、10トンのびんを集めたものの、行き場を失ってしまったびんは出口を失ってしまい、リサイクル目的で集めたのに廃棄物として埋め立て処分をしなければなりません。本末転倒っていうことです。
人間でいえば、食事はしたけれど便秘状態っていうところでしょうか・・・本件は、便秘にはならないと思いますがはじめから高付加価値の製品として利用されるることがとても大切な案件となりそうです。

横殴りの雨も到着地ではすっかり止んでいました。雨水であらわれた紫がとてもキレイな駅前の藤の花に見送られ、打ち合わせに臨めました!!


ブランディング_a0259130_00075193.jpg



by AKIO_TAKE | 2018-04-25 23:51 | work