思考と行動の変え方


本書シリーズの第1弾が発刊されたのは45年前の1972年。地球の物理的な限界を示唆したもので、危機を煽るものではなく、早く行動すれば限りある地球の資源を使い果たすこともなく、生態系にも限界を越えてしまうダメージを与えずに済むだろうと述べていました。

第2弾を1992年に、そして第3弾の本書は2005年に発刊。「行き過ぎ」をキーワードとした12年前の本ですが、いま読み返してみてもあまり古さを感じさせません。自身の未来への洞察力や倫理力向上のために、このGW、繰り返しの一冊に。



[PR]
by AKIO_TAKE | 2017-04-29 22:49 | book