お礼や感謝の言葉を掲げたらどうなるのだろう

だめですよー、守ってくださーい、禁じられてます!、みんなが迷惑しています、お願いしますetc
地域のごみ置き場でよく見かける看板と書かれている依頼の数々の言葉。地域事情も色々なので呼びかける注意喚起の表記も様々。

禁止や依頼をベースにした看板を見かけるたびに、なんとかルールを守って欲しいと思いながらマジックを走られている様子が目に浮かびます。注意喚起だからかどうかはわかりませんが、ごみ置き場は、ほぼ禁止や依頼をベースにした看板が掲示されています。

一方で「感謝」「お礼」の文言を見かける看板を見かけることもあります。
「皆さんの分別のおかげできれいな街と評判です。ご協力ありがとうございます。」
「分別してくれてありがとう」
「ルールをまもってくださり、感謝します」などなど

また、分別やルールを守ることで具体的な効果を知らせる看板もあります。
「生ごみの水切りのおかけで汚水がこぼれず、匂いのない環境が守られています。ありがとうございます」
「収集している方たちより・・収集作業がはかどる置き場です。分別の協力、ありがとうございます」
「作業員の方へ、分別に不具合がありましたら町内会までお知らせください」などなど

人は、ダメとか注意されると素直になれないもの。町内単位、または町内の組み単位でごみ置き場の看板を「お礼」「感謝」の言葉で埋め尽くしたらどうなるのだろう。そんな社会実験もしてみようか。

※写真はたまたま見かけた看板です。当該町内と投稿は一切関係ありません。

a0259130_11063956.jpg



[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-11-16 11:07 | look/gaze