人気ブログランキング |

想像力を鍛える

高く晴れ上がった空、まさに秋。
そんな気持ちよい朝に、倫理法人会のモーニングセミナーでお話しさせていただきました。

「ごみ」は人間の無関心がカタチになったもの、をテーマに、廃棄物処理やリサイクルのこれからに、どんな自覚が求められていくのか・・

いま、海に流失するプラスチックが海洋汚染問題としてよく取り上げられ、プラスチックの使用を抑えていきましょう、という運動が活発になっています。
が、アフリカのガーナでは、温暖化や海の砂を大量に摂取した結果、海底地形が変わり、海沿いの砂浜(陸)が波によって削られ、居住場所がどんどん奪われてしまった村がある。そこに住み続けるために、村人は海に浮かぶプラスチックを集めて埋立資材として活用していて、タイヤなどは堅くて大きいので、まさにお宝だ!という価値観を持っている。
また欧米の古着はアフリカに輸出され、安価で手に入ることから洋服の文化が急速に進んでいる一方で、民族伝統の衣をまとう機会が減っていき、それが伝統文化の破壊・損失につながるのではないか、とそんな危惧もされています。

「ごみにしなければいい」「リサイクルは良いことだ」「リユースはどんどん進めるべき」・・確かにその通りではある。
しかし、それは日本で生活している者の視点であって、世界には異なる価値観がたくさんあります。

持続可能な社会を築くには、もっともっと想像力を鍛えることが欠かせませんね。

想像力を鍛える_a0259130_11270924.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-10-23 11:27 | work