人気ブログランキング |

ぼちぼちと・・

ぼちぼちと・・_a0259130_10320678.jpg

雨上がりの横浜、今朝はほぼ、使い捨て傘袋と雨対策として代用された(私の憶測です)コンビニ袋のごみで、ポイ捨ての吸い殻は少なめ。
ごみは軽いけれど雨に濡れているので、重さはほぼ2倍。
こんな日のごみ拾いは、人口増・産業での水使用量増、気候変動などで、深刻化する水不足・水汚染(日本では感じにくいけれど・・)が頭をよぎります。2050年には世界人口の40%が水を得るのが難しくなる、という推測もあり、改めて雨水の再利用について考えさせられます。

ぼちぼちと・・_a0259130_10315879.jpg

ちなみに2016年に世界主要都市の水環境ランキングなるものが実施されています。(オランダ アルカディア社)
世界主要都市の水資源「水供給の強靭さ」「水供給の効率」「水質」の3つの分野26項目で分析、評価されたもので、東京は第25位。1位から5位は、ロッテルダム、コペンハーゲン、アムステルダム、ベルリン、ブリュッセルのヨーロッパ勢。

東京の内訳は「強靭さ」41位・「効率性」6位・「水質」27位。
強靭さは、津波などによる洪水リスクが高いのに、貯水による備蓄が少ないことが評価を下げたそうです。水質は、飲料水品質としてはヨーロッパ主要都市となよぶトップ評価ながら、盲点だったのは、水質が人間だけでなく他の生物にとっても良いどうかという生物多様性の点で評価を得られなかったようです。
「水」だけではなく、どうも日本は「多様性」に難があるようです・・・。

話がそれてしまいましたが、降り始めの雨には空気中に浮遊する汚染物質が溶けていると言われますが、30分以上経過した雨は汚染物質の影響も受けにくくなり、不純物も少ないです。まだ使える水を捨ててしまうのは「もったいない」。雨水再利用装置は持続可能な都市となるために、もっと設置すべき装置なのかもしれません。

ぼちぼちと・・_a0259130_10321903.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-11-24 10:42 | 環境