人気ブログランキング | 話題のタグを見る

チェックポイント

unicefは持続可能を「○○し続けられること」と表現しています。これを拝借して、いま話題のSDGsにあてはめると「人類がいつまでも地球に住み続けられるような開発と発展をするために取り組む17個の目標」という言い方になるでしょうか。

「エコの嘘」の実態を取材して、私たち生活者一人一人の行動を問うドキュメンタリー映画。生活行動を問うと言われても、日々は仕事や子育て、親の面倒、本人の医者通い、年金やローンの心配など、まぁとにかく色々あって大変なんだよ!と言い返したくなるのが本音かも。だから、環境に配慮された商品か否かは、商品に貼られたラベルを見て判断する・・しかない。ところがどっこい、ラベル表示の基準まで細かく知っているわけじゃないので「グリーン」なんて文字を見ちゃうと、自然由来かも、とちょっと安心してエコバッグに突っ込む。

食品国際見本市で「グリーンは自然由来という意味なのですか?」の質問に、出展者が「有害物質が少ないということです」と答えるシーンに「ラベルも表層的に過ぎないのかなぁ」と思わされます。けれどラベルそのものが悪いわけではなく、表示されるまでの生産プロセスや表示方法に課題が残されているのかなと感じます。しかしそれも、数多ある素材から幾通りもの生産や加工技術をあの枠の中に表現する工夫も並大抵なことではない。

だから、持続可能なのか、そうではないのかを確かめることって、できないのかもしれない。それでも、若い世代やその次の世代が住み続けられるような生活態度の意識を持ち続けることが大切、はじめの一歩だと、改めて思います。こうしたドキュメンタリー映画や図書、そしてSDGsなどは、自分の関心あるものに意識を持ち続けるためのチェックポイントなのかも。そんな思いが湧いた作品です。

グリーン・ライ~エコの嘘 https://unitedpeople.jp/greenlie/

チェックポイント_a0259130_14583297.jpg


by AKIO_TAKE | 2020-07-01 15:03 | movie