人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

空の青さだけでは語れないけれど

空の青さだけでは語れないけれど_a0259130_10390030.jpg

1999年、当時の東京都知事だった石原慎太郎さんが、ディーゼル車から排出する黒煙に含まれる「すす(黒い粒子)」を入れたペットボトルを振り回しながら記者会見を行うという、衝撃的なシーンがありました。これを機に「ディーゼル車NO作戦」が始まりましたが、自動車業界や燃料業界が課題を解決し、いまでは黒煙を排出するディーゼル車を見かけることはありません。

神奈川県、東京都、埼玉県、千葉県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の九都県市が、経産省、国交省、環境省に対して、大気環境のさらなる改善を推進するため、VOC(揮発性有機化合物)排出量の新しい削減目標を設定することを求める要望書を7月8日に提出しました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まった2013年の東京都の大気汚染対策PR動画でも、今後の課題として光化学スモッグの原因物質として問題になっているVOC(揮発性有機化合物)について言及しています。大気が改善され、青空の戻った首都圏上空ですが、光化学スモッグ注意報は現在まで発令(※)されています。

要望書なので、総合的にとか、必要な措置を講ずること、としか書かれていません。大気の改善を空の青さだけで語ることはできませんが、来年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックに向けてどんな対策がされるのか注目したいと思います。

(※)参考まで横浜市の光化学スモッグの注意報発令回数 
2013年 12回
2014年 5回
2015年 6回
2016年 2回
2017年 5回
2018年 4回
2019年 3回

by AKIO_TAKE | 2020-07-09 23:38 | 環境