人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

見方を変えて新しきを知る


見方を変えて新しきを知る_a0259130_10393517.jpg

リサイクル業者が創るフリーペーパー「Recycle Design285号」
横浜市民の皆様に、リサイクルの仕組みを知ってもらい、毎日の生活に欠かせない3R(リデュース・リユース・リサイクル)の考え方を広めることを目的としたフリーペーパーです。2020年秋号(285号)は、環境問題への取り組みり難しさがテーマ。

日本でも使い捨てプラスチック製品の有料化や再利用の義務を課した法律が閣議決定され、プラスチック製品の削減、代替え品への移行が進みつつあります。プラスチックから紙製品への代替も進んではいますが、それが単純に環境に優しいとは言えないという考えもあります。

例えば、カナダ放送協会のニュースによると、紙製品に切り替えるとプラスチック製品よりも製造に多くのエネルギーが必要になり、輸送によるCO2排出も増えるそうです。(Recycle Design285号より抜粋)

「え、意外かも」と思われる方もいらっしゃると思います。見方、捉え方、はたまた業界の力学(あまり良い方じゃないですが現実問題として・・)など、なにか翻弄されることが多い昨今ですが、しかし、見方・捉え方を変えて新しきを知ることは、生活の目利きを高めていく上でも必要なことなのかもしれません。先進国においては、「どんだけー」的にモノがあふれているので、そもそも、ひとつひとつについて生活者が詳細に知ることはできません。それでも理解を深めていく、生活の質を高めていく知識を蓄え、新たな知識を持ち合わせることは意義のあることかもしれませんね。お時間あるときにご覧ください。

注 このフリーペーパーは、発行所の横浜市資源リサイクル事業協同組合設立2年後の1994年に第1号を発行。発行履歴もウェブに掲載しており、211号以降はダウンロードして読むことができます。

ダウンロードページ  http://www.recycledesign.or.jp/rd/


by AKIO_TAKE | 2021-09-25 23:38 | 3R