人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

利害の錯綜


今年のノーベル物理学賞を受賞された真鍋叔郎氏、2000年にうけた取材記事が日経に掲載されていました。
インタビューでも、日本の梅雨末期のような豪雨が増え、洪水が頻繁になるという気候の変化も予見されていらっしゃいますし、気温の上昇カーブもほぼ研究の通りのようです。温暖化は地球全体の問題なので、地域によって、温暖化に対する知見に差異があり、温暖化が進むことによって生じる気候の影響も異なる。故に、地域や国家の利害が錯綜し、国際合意を得るのは非常に困難だとし、最終的には政治判断になるのではないかと答えていらっしゃいます。

やはり、我が国の政治家を誰にするのかという、私たちに与えられた選択権はかなり重要であることが理解できます。このまま、産業と人間の活動を優先し、身の回りの動物、植物などが殆どいなくなる社会を受け入れるのか、やっぱり長期にわたって自然と共生できる社会を築き上げていくのか。

温暖化をもたらしている大半の原因は人間の活動によるCO2の増加ですから、どのような社会を次世代以降に引き渡すかを決められるのも、人間の意思次第、ということになる・・・利害が錯綜する中で、人間の意思はどこへ向かっていくのでしょうか。


利害の錯綜_a0259130_13034820.jpg



by AKIO_TAKE | 2021-10-07 13:04 | 環境