人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

不足の中で


地域防災拠点の会議に出席。
消防団の役職が一つ上がったので私も地域防災拠点管理運営委員会に参加することになり、きょうは今年度第一回目の会議でした。議題は秋の防災訓練日の日時と内容の確認。コロナ前までの開催日は9月の第一日曜日でした。コロナ禍の期間中は中止・・しばらくぶりの開催ですが9月上旬は暑くて大変だろうという事で10月の実施で調整することになりました。

長い間、訓練の内容は炊き出し、投光器や発電機の使い方、放水実演などがメインでしたが、今年はトイレ関係の訓練を行うことになり、過日訓練した災害時下水直結式仮設トイレ(通称:災害用ハマッコトイレ)に3階のプールからグラウンドに埋設してある下水管に送水する訓練を行うことになりました。

訓練者は地域の市民の皆さん、消防団は訓練のサポートとなります。会議の中で過日の訓練の様子を説明させて頂きました。訓練にあたり、「資機材は全て揃っているのか」という質問を受けることがあります。平時は地域防災拠点の倉庫にいろいろな資機材が常備されていますが、しかし、いざ災害時にすべての資機材が使えるかどうかはわからないし、混乱によって紛失してしまうこともあり得ます。つまり災害時は「なにかが不足している」ことも想定して訓練をすることが大切だと考えています。いろいろな資機材を事故なく、怪我無く扱うことも重要ですが、救助にしろ、生活資機材にしろ、平時のように「すべてが揃っている」とは限りません。「なにかが足りない」、でも安全に使えるようにするにはどうしたらよいか。

マニュアル通りに使えることも大切、そして、なにかが足りないことも想定して「さぁ、その場合どうするか」を考えることも大切な訓練だと思います。


不足の中で_a0259130_18211078.jpg

by AKIO_TAKE | 2023-07-13 22:47 | 防災