人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

秘められた意識に迫ろう


秘められた意識に迫ろう_a0259130_10591783.jpg

「紙はごみになるから持ちたくない」

なにかの情報を得るときは、もうスマホで充分だから「ごみ」になる紙媒体は要らない・・先日、ある観光を考える会議で「これが若い世代の意識なので紙の資料は使わず、デジタルで事足りる」という発言がありました。大学生と連携を図り、若い世代の参加を積極的に模索されていらっしゃる方たちが学生との触れ合いの中で感じたことを、ごみになるから持ちたくないと表していました。

確かに、その通りです。手のひらからほとんどの情報を得られるのですから、紙媒体は見劣りしてしまうのも致し方ない。

ただ、紙は分別さえすれば、リサイクルは容易だし、環境に優しい素材です。なぜなら紙は、枯渇資源を消費してつくられるものではなく、主原料である木材などは植林等によって再生可能な資源だからです。かつ、使われた紙を分別して集めて製紙工場に戻せば、なんどかは紙として利用できます。使って捨てればごみになりますが、(手間ですが)お家に持ち帰ってもらい分別して出せば、また紙として利用することができます。

循環型社会の構築のために、自覚できていない意識にちょっと触れてみるという作業が大切だと、改めて考えさせられた一瞬です。若い世代の皆さんですから、秘められた意識を触発されれば、新たな発想や行動に繋がるかもしれません。そうしたことを後押ししてあげるのも大人の役割だと思います。もちろん、やり過ぎないようにですが・・。

観光を考える会議の団体もSDGsを事業ビジョンに組み込んでいるようなので、タイアップ事業でもお互いが発した言葉だけに留まらず、秘められた意識に到達する努力をしていくことが循環型社会をもたらすのではと思います。微力ながら、なにかの機会に発言していこうと思っています。

スマホにはレアメタル(パラジウム、コバルトなど)と呼ばれる産出量が少ない貴重な資源が使用されています。スマホもいつかは買い替えなければなりません。スマホは紙と異なり貴重な資源を使っているので、なおさら簡単に分別できてリサイクルできる紙の普段使いについて理解してもらうよう声がけし、貴重な資源をムダにしない意識づくりに努めたいと思います。

今も変わらず、ごみの分別と資源のゆくえを「紙」や「プラスチック」を題材に出前講師を行っている理由もここにあります。

写真 AC写真 作者 月舟さん

by AKIO_TAKE | 2023-08-08 23:00 | 3R