人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

替天行道(たいてんぎょうどう)


替天行道(たいてんぎょうどう)_a0259130_12450888.jpg

八月納涼歌舞伎 演目、新・水滸伝(しん・すいこでん)を鑑賞しました。

舞台は政治が大きく乱れた12世紀の中国、北宋の国・・役人たちの不正による国の乱れに憤り、悪党どもが梁山泊を根城に縦横無尽に暴れまわり、腐った体制に反旗を翻し、新たな道に続く民の福を夢見る様子を描いた作品です。替天行道とは「天に替わって新たな道をつくっていく」という意味で、梁山泊のスローガン。

小さな子供が蔵から食べ物を盗む場面があり、その盗みに対して賊が「盗みは悪いことだ。なぜ、謝らない」と叱責するのですが、子供は「そんなことわかっている。盗みは悪いことはわかっている。でも、盗まなきゃ腹いっぱいにならないんだ」と返す。それを聞いた賊は「子供に盗みをさせなきゃならない、そんな国にした大人たちを懲らしめる」と奮起する場面は特に印象に残りました。幕間はさんで3時間の作品なので、その他にも今の世相について考えされられるシーンに溢れています。


by AKIO_TAKE | 2023-08-09 23:50 | look/gaze