人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

防災グッズも人それぞれ


あるお医者さんのブログを見ていたら、思いもよらない頭痛に襲われたときの体験を投稿されていました。今までになかったガンガンとした頭の奥の痛みで、何事かと焦ったそうですが、結果として原因はカフェインの離脱反応(※)だったとのこと。投稿したお医者さんは毎日500㎎程度のコーヒーによるカフェイン摂取があるので、1日コーヒーを飲まなかった日の夜にひどい頭痛が起こったようです。翌朝コーヒーを飲んだら、頭痛は嘘のように改善した。さて、カフェイン依存をどうするかはまた考える必要がありますが、例えば災害時のことを思えば、避難所で嗜好品であるコーヒーにありつける可能性は低く、生活がままならないほどの頭痛が生じるかもしれないことを考えると、防災グッズの常備薬にカフェインの準備も必要なのではないか、とそんなことを考えたそうです。

年齢をかさねると「急にやめられない薬」を服用していることがありますよね。血圧、血糖、血液サラサラ、てんかん、睡眠の薬etc

医師の考え方にもよりますが、概ね5日~10日分くらいは手元に残しておくと良いでしょうとのこと。急な服用中止は離脱反応を起こすことがあり、そしてこれらの薬は災害時すぐに手に入らない可能性も少なくない。なので、きっちり飲み切ってから薬を取りに行くのではなく、少しずつ余剰を持った状態で受診、薬を受け取っておくことが望ましい。

私は視力も悪いので大きな揺れでも「メガネ」だけは死守しなければなりません。「メガネ」がない日々は考えられない・・。被災したそのあとのことも想像しておく。避難所に行ったら、かろうじて自宅で避難生活ができたとしても、その「生活」はどんなものになるのか。そうしたことを考えながら自分の命を守るとすれば、防災グッズも人それぞれになりますね。

(※)依存性のある薬物などの反復使用を中止することから起こる病的な症状。例えば禁煙・・タバコに含まれるニコチンなどは依存性があり、「タバコを吸いたいと強く思う」「集中できない」「頭痛」などの離脱症状が現れ、禁煙を難しくしているとされています。


防災グッズも人それぞれ_a0259130_22144872.jpg

by AKIO_TAKE | 2023-09-01 22:25 | 防災