人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

まだまだ知らないことがいっぱい


街の魅力向上と称したイルミネーションを、あちらこちらの街で見かける季節になりました。夜は多彩、けれど日中、巻き付けられた街路樹を見るのはなんだか申し訳なく。レイチェル・カーソンは、著書「沈黙の春」で、春が来ても鳥の声が聞こえない、自然が沈黙したと述べています。実際のところ、街のイルミネーションはどのくらい街の生きものに影響を与えているのかわからないけれど、キレイを楽しむにしても、このままだと人だけが賑わって、生きものがいないsilent nightが訪れてしまわないか。生きものにとってはどうなのか、時にはそんなことも気にかけた方が良いのでは、と思う。

まだまだ知らないことがいっぱい_a0259130_11082132.jpg


さて、この本は街路樹とイルミネーションのことは書いていませんが、世界有数の森林国、日本の森が荒廃している現状と、それを回復する手立てを考察する一冊。豊かな森林を取り戻す、多様な視点から木と人との未来を考えるもの。中学生向けのシリーズ本ですが、「正解のない問い」を探ることを基に構成しているので、大人でも充分に読みごたえがあります。前段の書き出しは同じ「木」ということで・・。

出版社 ‏ : ‎ 岩波書店
発売日 ‏ : ‎ 2023/6/9
単行本 ‏ : ‎ 126ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4000272519
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4000272513


by AKIO_TAKE | 2023-12-01 22:40 | book