人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

リサイクル出前講師


きょうは横浜市の区で活動する環境事業推進委員の研修会でリサイクル出前講師をさせていただきました。

リサイクル出前講師_a0259130_21053704.jpeg

講座の滑り出しは横浜市のごみの歴史について。そのあとは簡単に廃棄物やリサイクルに関する法律の全体像をお伝えしながら、古紙、古布の分別の仕方の再確認を。いつもなら、この後にプラマークがついているプラスチック製容器包装について、分別の際に留意することをご案内するのですが、きょうは海洋プラスチックを題材にプラマークがついているプラスチック製容器包装の分別(※)がなぜ必要なのか、不適切に放置されたプラスチック製品(※)が海洋に与える影響などをお話ししました。海洋に与える影響などを考えていただくことで単純にプラの分別という一面だけではなく、複眼的にプラスチックのリサイクルを考えていただけたら、という思いからです。

まず「海洋プラスチック」っなに?

私たちの日常生活や経済活動から海に流れ着いたり、直接海や川に捨てられたりして、最終的に海洋を漂うプラスチックごみのこと。

つぎに「問題」となる要因 はどんなこと?

プラスチックは社会に恩恵をもたらしてきた人類の発明。ただ、残念ながらプラスチックを使い捨ての消耗品として扱い、きちんとごみ箱に捨てず、或いは適切に処理しなかったときに問題の要因となる。
例えば・・
・プラスチック製品生産の増加
・ポイ捨てなど不適切な処分
・大雨や風などによる海洋への流出
・洗濯や歯磨きなど、日々の生活によるマイクロプラスチックの流出など。

最後に「海洋プラスチック問題」とは? 何が問題なの?

大量に海に流れ着いたプラスチックは、ほとんど分解されることなく、海洋生物の生態系や私たちの生活にも悪影響を及ぼすことが問題。
例えば・・
・生態系への影響による、生物多様性や環境保全機能の損失
・経済損失~清掃、除去に係るコスト 廃棄処分に係るコストなど
・漁獲量の低下(漁業への悪影響)
・船舶航行への影響
・海洋プラスチックごみによる景観の悪化(観光業への悪影響)
・沿岸居住環境の悪化など。

こんな流れでお話をしてみました。分かりにくい伝え方になってしまったところもあるので、ブラッシュアップをしていかなければ!! 町内会、マンション管理組合での講座、そして自治体が市民に開催する研修会など遠慮なくお声がけください。ご用命お待ちしています!

(※)横浜市のプラスチックごみの出し方が変わります。下記URL、横浜市の予告ページです。詳細が整い次第、情報が更新されると思います。
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/gomi-recycle/gomi/puragomi-2024.html


by AKIO_TAKE | 2023-12-11 21:51 | work