人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

ことばに手がかりを求め


ことばに手がかりを求め_a0259130_21135574.jpg


東日本大震災から3週間が過ぎた平成23(2011)年4月2日、皇居のお堀を泳いで渡り、石垣をよじ登った39歳の男が逮捕された。報道によれば「天皇陛下」と書かれた封書を鞄の中に持っており、中身は政府の震災対応を批判する文章だったという。黒のスーツにネクタイ姿だったと知って、この「直訴男」のことが気になった。 (中略) 今から110年前にも、天皇に直訴した人物がいた。こちらは紋付きの袴というスタイル。足尾銅山による鉱毒被害の救済運動に尽くした、元代議士の田中正造である。(本文の冒頭8行を転記)

立ち寄った本屋さんで、ふと目に留まったタイトル。棚から取りだし、冒頭8行を読んで会計しました。著名人から無銘の市民まで、様々な生活層の人々が織りなす、祈り、願望、無念、愛情、覚悟など、著者の解説を交えながら、20世紀の百年間に日本人が書いた手紙、約百通余りを取り上げています。迫力ある一冊、素晴らしいノンフィクションです。

出版社 ‏ : ‎ 岩波書店
発売日 ‏ : ‎ 2013/1/23
新書 ‏ : ‎ 256ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4004314089
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4004314080

by AKIO_TAKE | 2024-01-11 21:45 | book