人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

火は小さいうちに


火は小さいうちに_a0259130_14350154.jpg

きょうは横浜中華街発展会協同組合主催の防災訓練が行われました。プログラムは水消火器を使っての初期消火訓練と中華街の火災状況とその対応等について。
約80名の組合員が集まり、まずは中消防署の方のお話しに耳を傾けました。昨年も数件、火災とボヤが発生したのですが、消火器の使い方がわからずに火災を大きくしてしまったという事例が2件ありました。

店舗には消火器を備えているのですが、使い方に戸惑ってしまい、火が大きくなってしまい数日店舗を使うことができない状況になってしまった・・。「私は大丈夫、使えます」と思っていても、いざ火事のときに本当に使いこなせるかどうか、改めて自身に問うことも大切だなと思いました。
動画で確認してみましょう → 消火器の使用方法


火は小さいうちに_a0259130_14345550.jpg

参加者全員が動画と同様、火元に向かって水消火器で放水を行いました。あと、今日の訓練では行わなかったのですが、救急車や消防車の呼び方についての訓練もやってみたいなと思いました。店舗の住所を伝えられないとか、火災発生場所を伝えられない、慌ててしまって自分のいる場所を伝えられないなど、そうしたケースが救急指令室では見受けられるそうです。調べたわけではありませんが、たしかに店舗の従業員のなかには正確な情報を伝えられないという方がいると推測されます。

また、店舗の前にに出ている違法看板などは、地震の揺れで倒れたり、吹っ飛んだりして、お客様に危険を及ぼすし、倒れた看板は容易におこせないので、救急車両や消防車両の通行の妨げとなり、初期消火の遅れの原因にもなります。災害の観点からも違法看板は速やかに撤去するようお願いをしました。

きょうの訓練時間は45分程度。短く、かつ、回数を多く実施していくことで「こんな時はどうしたらいい?」という疑問が湧いてくるはず。継続性のある組合事業になればいいですね。

by AKIO_TAKE | 2024-01-29 18:30 | 防災