人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

リサイクル出前講師


コロナ禍のため、ガクン!と減ってしまった対面のリサイクル出前講師。オンラインや学校等では少ないながらも行っていたのですが、今日の会場は超久しぶりの町内会館! 敷地内には1783年建立の薬師堂と、リサイクル出前講師の原点ともいえる場所でした。

リサイクル出前講師_a0259130_22050656.jpeg

はじめに横浜市資源循環局の職員の方がごみの分け方・出し方について丁寧な説明をしていただいたので、そのあとを引き受けて行ったごみの分別体験も和やかな雰囲気のなかで、地域のみなさんと楽しみながらできました。燃やすごみ、缶・びん・ボトル、新聞、雑誌、段ボール、紙パック、その他の紙、プラスチック製容器包装などを表示したプラスチックケース12個を用いて行う分別体験(ケーム)も、4年ぶりくらい。

リサイクル出前講師_a0259130_22400292.jpeg

町内会館での出前講師の魅力は、なんといっても市民のみなさんとの距離の近さです。こちらが動き回れるので、説明の合間に会話を織り込んだり、コミュニケーションの取り方や話の切り替えなどを鍛えるには最高の会場です。心躍る時間でした! 

このリサイクル出前講師、初めて行った日付は忘れてしまいましたが、たしか小学校の体育館で全校生徒の前でやったのがはじめてだったかなぁーと・・もう記憶の彼方です。

リサイクル出前講師_a0259130_22045216.png

そんなことも振り返ったので、過去の写真を整理していたら2005年2月に行った青空出前講師の写真を見つけました。横浜市が、循環型社会の実現に向け「平成22年度(2010年)のごみ排出量を平成13年度(2001年)に比べて30パーセント減らす」という「ヨコハマはG30」という施策をはじめたことをうけて、写真のような神社の境内や児童公園、空き地などを1日に5ケ所程回ったり、そんな試みをしていた時のものです。こんなに市民の多くの方が分別に興味を持っているのかと、ビックリしました。

それにしても19年前という訳で(写真の赤枠内がわたくし)・・まだ眼鏡もしていないし、若いなぁーと(笑)
もちろん、これからも頑張りますよ!!

ごみの出し方・分別、その他環境のことについて知りたいこと。どうぞ遠慮なくお声がけください。
リサイクル出前講師の申込先 → https://www.recycledesign.or.jp/demae/
(出前講師メニューは一例です。いろいろとカスタマイスできますのでご相談ください)





by AKIO_TAKE | 2024-03-02 22:34 | work