人気ブログランキング | 話題のタグを見る

day after day & 武松昭男のphoto日記

私にもできること


私にもできること_a0259130_10493633.jpg

パソコンのギーボードをぱちぱち鳴らしながら文字を打ち込んでいますが、目前のパソコンも、ちょっ左右を見ると本棚や書類棚があり、そこには書籍や書類(紙)がたくさんある。これらは全て、トラック・鉄道・飛行機など使って運ばれてきたもの。目に映るものすべてと言ったら大げさかな。いや、そんなことはない。

この4月から「物流の2024問題」が本格的に始まりました。
「物流の2024年問題」とは、働き方改革の関連法によって2024年の4月1日以降、「自動車運転の業務」に対し、年間の時間外労働時間の上限が960時間に制限されることで発生する諸問題の総称のこと。

昨年5月の新聞紙上には「政府の試算によると、何も対策を講じなければ2024年度は全国の荷物の14%が運べなくなり、2030年度にはその割合が34%を超えるという。野村総合研究所も「2030年になると東北、四国では40%以上の荷物が運べなくなる」との試算を公表しています。2019年から働き方改革関連法に各業種も対応していますが、この4月になってもトラックドライバー不足は解消されず、厳しい現実を迎えています。そんな中でも、企業間連携による混載、重量貨物と軽量貨物の混載など業種を超えた取り組みなど、いくつもの工夫が進められています。しかし、それでも今まで目前にあるものの何かが、遅れて届くようになったり、配送料などの値上げがあったりと、消費者にも少なからずの影響は出てくるはずです。消費者としての私もなにかできることはないか・・・ネットを検索すれば色々な提案や指南がでてきますが、遅まきながら書籍を購入しながらできることを見つけ、意識を変えていきたいです。

by AKIO_TAKE | 2024-04-01 22:40 | look/gaze