人気ブログランキング |

2016年 05月 29日 ( 1 )

無防備な夜

1977年、アメリカのロックバンド「KISS」の武道館公演でオープニングアクトを務めた「BOWWOW(バウワウ)」というバンド。1970年代の後半、日本のハードロックバンドってどーなのよ!!的に、欧米とのバンドと比較され、なんとも冷ややかな視線も浴びた時代からようやく抜け出しつつあるような頃だったかなぁと記憶しています。

中学生としてそんな時代を過ごしていたこともあって、「BOWWOW」にはかなり期待していたのを覚えています。で、KISSのオープンニングアクトです!!

スピーカーからはじき出された爆音、まさに爆音、轟音と呼ぶにふさわしい迫力に、思わず、耳を塞いだのが懐かしく思い出されます。

そのBOWWOWのギタリスト山本恭二さんのLIVE「弾き語り・弾きまくりギター三昧」に行ってきました!!恭二さんの生音は9年ぶり!!
1部のアコースティックの弾き語りでは、なんと矢沢永吉の「チャイナタウン」、荒井由美の「コバルトアワー」が演奏されて、感動!!

2部では、聞きなれた独特のエレクトリックギターサウンドを堪能。アームやエフェクターを駆使しての自由自在に音を操る山本恭二ワールドは健在。

今年初めて、少し気を緩めることができたかな・・・

a0259130_1141984.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-05-29 23:13 | unclass