人気ブログランキング |

2017年 05月 11日 ( 1 )

ビジネスモデルを構築する上で、イニシャルコストやランニングコストを作成するのは、まさにその通り。一度つくってみて、数値や計算式が違っていれば、見直しして改めて数字を積み上げていくことも、その通り。ただ「どんな数値設定が正しいのか」をいつまでも追い続け、分析することに留まってしまうと、結果として実行することにためらいが出る。

大手企業でさえ、危機感・スピード感を持って体質改善しているのに、ごみ処理・リサイクル産業が誰もやりたがらない仕事故、隙間産業の業界として生きながらえたのも今は昔。本来、どんどん実行して、改善点をいち早く見つけることで大手企業に劣らない業績(※)を残してきたにもかかわらず、分析に留まってしまうことになれば、もはや末期症状の現れ。日々、現場で汗をかき、管理や分析という作業がおいつかない中小零細企業は、往々にして目標や数値を間違って設定してしまうことは良くあることでした。だから、日々の業務の中で失敗しながらも目標を修正することで、いち早く良い結果を出せたはず。

複雑多様化する社会故、行政もできれば小さなところは事業を止めてもらって大手に吸収されることを望んでいるはずです。
その方が、管理しやすいですから。管理しやすい=手間が省ける、面倒が少ない。

僕はそうした流れに在るのかなと感じるので、実はこれまで以上にTry&Errorに挑まざるを得ない時期が「今」だと思うのです。その「今」だって、未来永劫続くわけではありません。分析も大切、でも、実行力はもっと大切・・・そんなことを痛感した1日。

(※)金額の大小ではなく、社会、市井の人々にとって必要な仕事、その仕事をするために必要な人たちを生み出してきた、ということ。

by AKIO_TAKE | 2017-05-11 23:41 | work