2018年 09月 25日 ( 1 )

動物らしい生き方とは

東京オリンピックの食材調達やエシカル消費という倫理的消費の概念など食に対する関心が広まりつつあるものの、その食の根底をなす一つでもあり、日本では9割の方が知らないとされる「アニマルウェルフェア」という言葉や考え方。アニマルウェルフェアは動物が意識ある存在であることを理解し、たとえ短い一生であっても、動物の生態・欲求を妨げることのない環境で適正に扱うこと、という取り組みで、簡単に言うと動物の福祉ということになるそうです。
.
毎日お世話になっている卵や肉がどのようにつくられているのかを知ることで、私の命をつなぐ食材が、生産効率という視点から提供されているのか、それとも動物たちが動物本来の行動をとることができており、そのうえで食材として提供されているのか。動物の立場に立って考えられることが持続可能な社会を構築する要素のひとつであることを示唆するブックレット。私の「生きる」に直結する課題でもあるので見識を高めていきたいと思います。

a0259130_15452546.jpg



[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-09-25 05:03 | book