人気ブログランキング |

2018年 12月 17日 ( 1 )

教訓として

北海道札幌市内で16日夜、居酒屋などが燃え42人がケガをした爆発事故で、居酒屋の隣の不動産仲介会社の従業員が「スプレー缶100本以上に穴をあける作業をした後、爆発した」などと話していることがわかった。(出展 Yahoo!ニュース)

はじめに、今般の事故で被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。
リサイクル出前講師でも、スプレー缶の捨て方については過去の爆発事例などを紹介して、室内で缶に穴をあける行為は慎んでいただくようお願いしています。横浜でも、札幌でもかつては缶に穴をあけ、中身を空にしてから排出するようになっていましたが、家庭内での爆発事故をうけて現在は「中身を使い切って 穴はあけない。キャップはプラスチック製容器包装へ。中身が出せなくなったものについては居住する区の収集事務所に相談」となっています。使い切れなかった場合は新聞紙などの紙、又は布地の物に吹き付け、吹き付けた新聞紙や布地は燃やすごみとして処分することになっています。正しい排出に留意してください。

横浜市の家庭から排出されるスプレー缶の分別、廃棄方法 → 横浜市ごみ分別辞典



by AKIO_TAKE | 2018-12-17 17:41 | 防災