人気ブログランキング |

2018年 12月 18日 ( 1 )

約500キロのキャップ

約500キロのキャップ_a0259130_18083590.jpg
今日の午前中は就労型継続支援B型の通所事業所が集めているペットボトルキャップを引き取り、このキャップを原料としてプラスチック製品をつくっている工場に納品(売却)をしてきました。売却で得た一部は施設運営に充てられるよう、後日通所事業所に還元します。

このトラックに積まれているキャップには通所作業所以外に私の友人が届けてくれたものも一緒に入れて、工場に届けています。今年もご協力いただきありがとうございました。2019年の第1回目は3月中旬頃の回収・納品というところでしょうか・・・

最近はプラスチック製品による海洋汚染問題が大きく取り上げられています。この問題は地球温暖化と同じように緊急に解決が必要とされる国際的な環境問題です。そんな背景をうけ、世界中では高性能で効率的な回収装置が考案され、話題になっています。大量に効率よく回収、処理又はリサイクルされることが最良策ですが、ただ今のところは使い捨てプラスチックの廃棄量の多さに解決、対応策が間に合わない状況です。不要となったプラスチック製品を飛散させることなく保管し、適正な処理やリサイクル回すことで「ごみ」によって滅亡しない社会や地域を保持する、というちょっと情けない事情が転がっているのも事実・・・。

ペットポトルのキャップとボトルを分けるのは何故なのか、プラスチックのリサイクル方法はどんなものがあるのかなど、「こうすればこうなる」という行程や解決に至る道しるべなどを廃棄物処理やリサイクル事業者がもっと積極的に情報発信をしていくことも大切だと思いますので、意外と知られていないこのような事も後日綴ってみたいと思います。




by AKIO_TAKE | 2018-12-18 18:08 | work