カテゴリ:work( 242 )

銘記

トラックドライバーという括りの中でも一般家庭から排出される「ごみ」や「古紙などの再生資源物」を収集する仕事(以下、資源物等収集業)は、商店街や見通しの効かない細い道路などを走行する割合が高い仕事です。故に、ハンドル技術もさることながら、歩行者への気遣いや状況判断の早さ・適格性、そして細心の注意力がより求められます。大手の運送企業では定期的な運転適性診断などのツールを導入・実施して、ハンドルを握るうえで自身に不足している資質に注意喚起を促し、事故ゼロを目指しています。

再生資源物の収集を専門にしている企業は中小・家族経営が多いので、かけられるコストも限られてきます。そうした中でも、ドライバー教育システムを導入してより安全・安心の企業であることをPRして排出事業者や市民の信頼を得ようと努力を重ねている企業はたくさん存在します。
自動運転やAI化の時代が間近であっても資源物収集業がかかわる仕事は、最新の技術に対応すべく調査・研究を行いながら、まだ従来のトラックドライバーというスタイルで人材を採用し、教育する時間が続くと予想されます。

「資源物収集業」とはどんな仕事なのか、ということを何度も社内で話し合うことが欠かせません。車両や荷台への乗降が多いこと、それは車両の停止・発進が長距離トラックと比較して断然多いこと、そしてドアの開閉が多くなるということ。そうした業務環境下で、商店街や住宅街でトラックを走らせ、荷物を積むという作業を行うということ。事故を起こしやすい環境下で仕事をこなすという意識をしっかりと持って行うことがプロのドライバーであるということにつながっていきます。

人手不足が叫ばれる中、歩行者への気遣いや状況判断の早さ・適格性、そして細心の注意力を心に刻んでいただくには、セミナーで活用する資料や伝えるべき内容も新しく書き換えたり、どんどん更新していかなければなりませんね。


a0259130_13490177.jpg



[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-10-26 13:49 | work

存在

先日、再生資源事業者の協同組合の勉強会で講師をさせていただきました。テーマは「リサイクル事業に私たちの存在が不可欠と思ってもらえるように」。
私たちの「ごみ」の生産量は相変わらず多量な、そして生産技術の向上で多様なごみが次から次へと生み出されている一方で、古紙・鉄・非鉄・繊維・びんなどのリサイクルが可能な再生資源物では品目にもよりますが、その取扱量、つまり発生量が年々減少しており、このままでは事業採算を確保できる取扱量に届かず、廃業や企業統合を選択する事業者もでてくることが想定されています。

再生資源業の多くは、1㎏あたりいくら、という「重さ」をベースに商売をする一面もあるので「量」が減ることはかなり堪えます。さらに、生産技術の向上は、例えば、新聞紙や段ボール、びんなどは運搬効率や環境負荷低減を理由として軽量化を進めたので、かつてと同じ量を集めても「軽く」なっており、売上が下がってしまいます(販売価格が変わらない場合)。
ともあれ、他の業種同様に商いを取り巻く環境は大きく変わっている中、今後はどのような考え方で事業を進めていけばよいのか、事業を強化するために何を学んでいけばよいのかなど、参加者とともに考えながら回答を探り出す時間を共有しました。減少する組合員数に目を向けても、再生資源事業者だけで、かつての組合員数まで回復することは困難であると仮定すれば、組合の事業内容はもちろん、組合を構成する組合員の職種も再生資源事業者だけにこだわっている必要もありません。もちろん、このケースでは定款の変更も必要となりますが。

いずれにせよ、できること・やれることはまだまたありますから「自分たちで変えられること」はしっかりと具現化できるように、私も一緒に勉強し、サポートさせていただきます。


a0259130_23082802.jpg






[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-10-18 23:08 | work

人手不足と街の風景

ネット通販は、店舗や店員が不要なため固定費や人件費を抑制でき、物やサービスの価格・料金を低めに抑えられる利点があるとされていますが、業種によってはそうとも限らない現場が存在します。品質・価格・納期スピード・納期日選択など顧客それぞれの要望に応えるカスタマイズ生産を実現するには、まだまだ人海戦術に頼らざるを得ない現実も横たわっています。

ネット印刷通販の場合、事業者によっても改善どころは異なるはずですが、スタンダードな課題としては、運賃・人材・自動化の3点が挙げられます。ネットによる受注管理は通信の特性を活かして都心でも地方でも対応できますが、印刷物を生産する工場の立地場所については経営にダイレクトに影響を及ぼします。物流業界ではトラックドライバーの確保に相当な労力をかけていますが、現在はなかなか採用に至らず、日曜配達をやめると発表した大手運送会社もあります。印刷物は重量物でもあるので女性の継続的な雇用に難しい側面を抱え、まさにAI技術の導入が待たれるところです。

スタンダードな課題に共通項目の一つは「人材の確保・レベルアップ」です。同時に、課題解決にはこれまでのサービス内容も大幅に変更されていくことにつながっていきます。先述のように日曜配達の縮小や物流・通販のセールスポイントである「届ける」の一部が「引き取りに行く」へと、サービスの転換も考えられます。
(現在でも行っていますが)コンビニをはじめ、一時預かり的な場所がもっと街の中に増えていくかもしれません。「待ち」から「出向く」という、ある意味、少し前の暮らしぶりがAI全盛時代には再び存在する、というちょっと不思議な現象が起きているかもしれませんね。ネット印刷通販事業の業務改善打ち合わせに同行する機会から、変わりゆく街の風景を想像しています。


[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-09-26 23:15 | work

ワタシのトリセツ

ウィキペディアによると
取扱説明書は、商品を購入した消費者が、その商品の使い方を理解するために利用するものである。多くのメーカーでは自社製品を正しく事故のないように、また設計された性能を発揮させよく利用してもらうために、製品に添付する形でこの取扱説明書を商品パッケージのなかに同梱(一緒に収めてあること)している。俗な略称は「取説」。とあります。

家電製品などの「モノ」には必ずついているトリセツですが、人となりを示し、接し方次第で最高のパフォーマンスを発揮してもらうことができるという見方をすれば取扱説明書は「モノ」に留まらず「ヒト」にも活用することができます。そもそも、自身をパワーアップさせるために、セミナーを受けたり、本を読んだりして、できる事や理解の幅・深さを増やしています。そういう意味では、つねにワタシのトリセツを加筆修正しているわけです。新社会人の頃は2~3ページしか書けなかったトリセツも定年退職の頃には50ページくらいとなり、豊かな第2の人生をどのように進めていくかの指標となる大切な書です。

自分がどのように受け入れられるかは、自分自身が責任を負っていると言われています。自分がつまらない人として振舞えば、社会はあなたの取扱説明書に基づいて、つまらない人として取り扱でしょう。そうではなく自信あふれる態度で振舞えば、あなたを頼りがいのある人として取り扱ってくれることでしょう。人生はいい時ばかりではありません。不遇な時期を過ごすことだってあると思います。取扱説明書を見直してみると不遇を招いた一因が書かれていたかもしれませんね、気づかなかっただけで・・。
不遇に差し掛かった時、そこで腐ってしまえば世間や会社は「その人はそこまで」と判断します。けれど意欲をもって学び直せば、世間は良い経験をしたと判断して声をかけてくれるはずです。不遇はいままで見えなかったことを客観的に判断できる「思いがけないgood time」です。そんなこんななトリセツ、日々加筆修正してボロボロにしちゃいましょう!


a0259130_18470009.jpg





[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-28 05:30 | work

SDGsゼミのご案内

すでに1990年代後半から現代社会の課題として取り組み、実施されてきた「持続可能な社会をつくる」様々な施策。でも、施策の浸透は政府レベル止まり感が強く、市民社会・教育機関までたどり着くには至らず。

そうこうしている間に持続困難な課題が次々に表面化し、いよいよ啓発や自己発動を辛抱強く待つこともちょっと難しくなってきた。

そこで2015年9月、国連加盟国は2015年から2030年までに貧困や飢餓、気候変動、エネルギー、平和的社会などを国際目標としたSDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」を採択しました。貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指ために、広くいきわたるような行動を呼びかける目標を掲げた、ということになるでしょうか。


冒頭の通り、SDGsは政府のみならず、企業・自治体・教育機関・市民社会など、あらゆる人々の参加がキーポイントとなります。そこで2018年2月に電通が日本社会への浸透を調査したところ、SDGsの認知度は14.8%と低いものの、SDGsが掲げている17の目標テーマに共感度平均は73%と高く、理解が進めばこれからの行動につながる可能性があるとしています。一方、SDGsの認知者は情報感度や高い年収者と分析され、SDGs最大のテーマ「誰一人取り残さず、世界中で貧困根絶と持続可能な社会への移行」には、まだかなりの工夫が必要とされるようです。

啓発や自己発動等では2030年までに達成する目標に遠くなることから、SDGsはビジネスセクターと市民社会・政府など様々なセクターの連携を重要視するとし、我が国の経団連も企業行動憲章のサブタイトルを「持続可能な社会の実現のために」と2017年11月に改定しました。こうした機運もあり、これからしばらくはSDGsという言葉を聞く機会が増えてくると思います。

私も入会している「横浜グリーン購入ネットワーク」が8月28日にSDGsを経営戦略に実装するというゼミナールを開催します。私もビジネス感を前面に打ち出したSDGsは自社が取り組めていること・取り組めていないことの棚卸や経営方針の事業活動の価値をチェック等には有効だと思います。今までいくつかのワークショップに参加して、「あっそうか!」「なるほど!」と気づかされることもありました。お時間、関心ございましたら是非お申し込みください。

お申し込みは → 横浜グリーン購入ネットワーク 最新情報からどうぞ。


[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-10 10:26 | work

思考の棚卸

「なんで、大々的にやらないの?」と私が主宰する環境啓発活動に対して、時々このように聞かれることがあります。折角、良い活動をしているのだからもったいないじゃないですか、と。私としては「良い活動」の言葉を頂くだけで十分なのですが、事業として取り組む以上、言葉を頂くだけで満足してはいけない・・おっしゃる通りです。

大々的にとはどのようなことですか?と、コミュニケーションさせていただくと「もっとPRを」「人を巻き込んで」「みんなで」と規模拡大あるべきという発想から、続けて「~のように」「成功事例を参考にして」ということだよ、とアドバイスを頂きます。その発想は間違っているわけではなく、これまではそれがスタンダードでしたし、これからも主流思考として事業組み立ての根幹を担ってくのだと思います。やっぱり世の中、権力だ!というのも確かなんだろうと、最近のニュースも一部ではあるものの現代社会の構築物語を報じることが多くなっています。

ここ数年取り組んでいる「かんきょう文化祭」などの環境啓発系の仕事も、大きな影響力を持つ人に依頼して或いは出来事を作り出して、一気に状況を変えなきゃ取り組んでいる意味がないと諭されます。そうしなければ金銭的にも負担がかかるし、継続できないよと心配の声もいただきます。そのご心配のおかけで、様々な分野の皆さんの協力、支援をいただき、事業が展開できていることもあり恐縮しきり。本当にありがたいです。

でも、もっと選択できる社会を、多様性を大切に等、そんな社会を目指か行政施策が散見されながらも、均等や右ならえをセンター思考とする実社会のはざまで色々とジレンマの壁にぶつかっているなぁーと思い知らされることもあります。

民間が実施する環境系の仕事だから、環境に負荷をかけないように一人何役とこなせるように、極力資源(電気、紙等)を無駄にしないように、システム論ばかりに偏らないように工夫しています。環境分野に限りませんが、必ずしも一つの事を深く知り尽くす専門家ばかりではなく、様々な分野を横断的に、横串で捉えたり語れる人材を創出したい。そうすることが選択できる人の育成にもつながるだろうし、多様な事柄に関心を持てるようになるだろうし、多面的な視野で質問ができれば、自分の中に新たな着想や見解が自己再分析がうまれ、その状態が活性化するということにつながってくのだと思います。
うーん、けれどまだまだ考えが深くないのだろうなぁと反省。こんなときは一旦思考を解いて結びなおすしかないな!

気持ちを加工せずに、なんだかフラストレーションを溜めてしまう投稿で恐縮です。

[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-03 22:46 | work

直属よりも

直属の上司が部下に仕事を教える、指導するという、ということが一見当たり前のように思えますが、地域の中小企業の社長さんとの会話や事業所でセミナーをさせていただくと、意外と「そうでもない」という印象を受けることがあります。「そうでもない」とは、直属から教えてもらうよりも他社、他部署に属する人たちの方がかえって親身になって教えてくれている、ということです。

(大企業に属した経験がない私なので、すべて方に当てはまるわけではありません、あしからず・・)
たしかに中小企業では中小による経営資源不足を補うために協同組合のような互助組織を形成し、情報交換や技術向上を図っています。このような集まりでは社長さんに限らず幹部にあたる人も参加することがありますから、なんどか顔を会わせていくうちに、A社の社長がB社の幹部に仕事の経験談や考えなどを熱心に伝えている場面に何度も出くわしたことがあります。もしかしたらB社の幹部にしてみればB社の社長よりA社の社長の方から指導してもらっていることが多いかもしれません。

(中小企業の)仕事って、意外と縦の関係だけではなく斜めの関わり方で情報・技術・振舞などの伝承がされていくのかもしれませんね。また、そした機会があるのなら積極的に活用した方が選択の幅も増えます。選択の幅が増えるということは、自分で覚えなければならない範囲もより広角から、となります。広角であること、そのこと自体がおのずと幅広い分野から知識や知恵を吸収することにつながっていきます。結果、同じ時間をかけた場合で比較すると、直属からのみの習得より、より濃密な習得を手にするとができるのでは、と思います。

長い間の習得でその分野の専門家と目されるのもひとつの選択であり立派な仕事。他方、当たり前のことを言わない専門家の話は理解するまで時間がかかります。今までの経験が通用しなくなっている時代、例えば先週末の台風12号の進路のように「これまでとは全く違う」こと起きるのであれば、これまでとはなぜ違うのか?をより分かりやすく説明できる力をつけておく必要があります。比喩などを駆使して一般の方にわかっていただけるためには専門以外の事も知っておく・理解しておくことが大切です。

今度の水曜日からは、はや8月。今週もよろしくお願いします。


a0259130_10071778.jpg


[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-07-30 10:07 | work

自己評価

自分がどのように受け入れられるかは、自分自身がもっとも責任を負っていると言われています。自分がつまらない人物のように振舞えば、世間の人はあなたの自己評価に基づいて、あなたをつまらない人物として取り扱う。逆に自分が元気溢れる人物として振舞えば、世間の人はあなたの自己評価に基づき、元気いっぱいで明るい人と取り扱う。第一印象を変えるのは至難の業なので、まずは自信にあふれた態度が示せるように。

[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-07-24 23:23 | work

WAWAWA! MM駅ナカ祭り

横浜市西区のみなとみならいで日本文化を知ってもらうというイベントからお誘いを頂き、ブースを出展することになりました。

イベント名 WAWAWA! MM駅ナカ祭り 
ウェブサイト http://wawawa.yokohama/
開催日時 2018年8月18日(土) 10時~17時
開催場所 みなとみらい線みなとみらい駅 サブウェイギャラリーM及びみらいチューブ
出 展 名 かんきょうデザインプロジェクトUsed市 
出展内容 Used和食器&グラスの展示、販売

桂福丸さんによる、たのしい英語落語も披露されます! 暑い夏を笑いで乗り切りましょう!
お待ちしています!


a0259130_09014258.jpg






[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-07-18 23:47 | work

上っ面を反省

7つのルールで今話題の女性の人生を映し出す新感覚ドキュメント「セブンル-ル」。https://www.ktv.jp/7rules/program/180703.html

昨晩の主人公は2015年のピッツァ職人世界選手権で日本人ながら3位に輝いた小田有花さんでした。

ピッツァを焼きながらも頻繁に客席に視線を投げる気配りは、お客様に「すいません」とは言わせない、というセブンルールの一つ。

いつしか遠のいていた「察する」や「気配」をという感性を私の中に思い出させる一言。今日から実践だ。

なにごとも基本が大切。忘れていたでは済まされないよう、あとで後悔しないよう、つねに緊迫感をもつこと。事に仕える大切な要素のひとつ。
そして笑顔も忘れずに!

a0259130_10035029.jpg







[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-07-04 10:04 | work