人気ブログランキング |

カテゴリ:work( 283 )

「伝える」の限界を伸長

「伝える」の限界を伸長_a0259130_17271907.jpg
どうすれば伝わるのか、どのように伝えれば理解して行動に移してもらえるのか・・仕事柄、そんなことを四六時中考えています。
なにかヒントは無いかと、不寛容に傾く世界を憂い、写真を通して世界の「今」を取材し、被写体と過ごす時間やなにより個人が個人に訴える立場を大事にするというポリシーで活動されているフォトジャーリスト 林典子さんの講演に行ってきました。現場、現地で経験を積まれた語り口は、その時を思い出しながらなのか、とても明瞭で聞きやすく深くしみ込んできます。

〇「他の国で起きている問題、それぞれの地域で独特の文化・価値観に基づいて行われている問題を扱うとき、どう伝えるか」
〇「複雑な問題を単純化しないで、複雑な問題は複雑に伝え、相手に考えてもらえるように」

中でもこの2つのフレーズは仕事だけではなく地域の活動にも通ずるので、パズルを完成させるかのように、まだまだ足りないピースをじっくりと探したいと思います。

by AKIO_TAKE | 2020-01-19 18:20 | work

脱テンプレート

脱テンプレート_a0259130_21353575.jpg
2020年の金融マーケットのキーワードはなんといっても、11月のアメリカ大統領選挙で、
そして、日本は2019年よりはスローダウンせず、ゆるゆると成長する2020年となるのではないか、という一つの見方。
ただそうなるには、景気や業績が下がるだけ下がり、相場が最も下がり、それが下げ止まった(上向きになりかける)ことが前提であるとのこと。

東京オリンピック後の日本経済に警鐘を鳴らすアナリストは多い。
テンプレートのような生き方はジ・エンド。

by AKIO_TAKE | 2020-01-15 22:06 | work

ペナルティ

SDGsに取り組むのか、そうしないかは各企業の自由だし、強制力や法的なペナルティはありません。乱暴に言えば「やる、やらないはお好きにどうぞ」ってところでょうか。ただ、すべての生き物がこれからも地球で命をつないでいくことができるように、孫より先の代のことを考えて仕事や暮らしを整えていきましょうと、国連が提唱してくれたのがSDGs(持続可能な開発目標)です。

法的なペナルティが無い分、できるところ・できそうなところから、そして現在行っている取り組みの延長supportツールとしても適用できそうだしと、ある意味ラフなところが新しいアイディアを生みやすくしているのかな、とそんなことを感じた今年のエコプロダクツ展でした。

17の目標が地球上の取り組むべき課題を俯瞰できるようにし、視覚的効果が異業種との接触を図りやすくしたのか、本業はしっかりと継続しつつも本業に関連した事業のスタートアップまたは準備をしているブースを訪ねるようにしました

SDGs(持続的な開発目標)には、①経済開発②社会的包摂③環境保護の3要素の調和が求められています。①は経済活動を通して新しい価値観を生み出していくことなので、できそうなというハードルの低さも本業と並走する事業の取り組みやすさにつながっているのでしょうか。社内新規事業を立ち上げてもうまくいかなかった事業所などは取り組み方の自由度が高いSDGsというツールは有用、或いは試行する価値はあるかもしれません。

いくつかのブースでお話を伺っていて面白かったのが社名ついて。新しい価値観を生み出すわけだから、まずは社名を変えたらどうかという案がでるのは至極当然のこと。しかし、安易にそこから入ると話は全く進展せず、という壁にぶち当たる・・・「そうかもしれない」と思いながらお話を伺ってました。事業の本質をある意味避けているわけなので、議論していくうちに、どこか他人事な雰囲気になると思いますし、他人事になれば責任所在もあいまいになり、モチベーション低下から話は停滞します。名は体を表す、と言いますから社名はとても大事なものです。けれど、SDGsの17の目標に無縁な人はいないし、なにより、法的ペナルティのない目標は「自分事」として考え、行動できるように設計されていると思うからです。社名を変えてみよう、という論議もSDGsの求めるところをはき違えてしまうと、持続可能な話をしているのに持続不可能な方へ自ら突き進んでしまう・・本末転倒とならぬように気を付けなければなりませんね。

SDGsに対しては私自身もまだまだ理解が足りていません。今後もしっかり勉強していきます。

ペナルティ_a0259130_00291142.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-12-06 23:41 | work
SDGs一色に装飾されたエコプロダクツ展【東京ビッグサイトで12/7まで】社会見学の小学生の勢いに圧倒されつつも、目に留まったブースを訪ねてきました。

今年はかんきょう文化祭をはじめ、私の環境啓発活動を支援してくださる「㈱シゲン」さんが、来年3月に販売を予定している廃棄物の排出事業者向けに開発した廃棄物一元管理化システム ( https://www.shigen.com/ ) のPRブースを出展しています。ブース場所は「西2ホール-23」です。

今日は仕事の都合上、会場の半分程度で引き上げなければならなかったので、あす12月6日も行ってきます!

SDGs=人類の振る舞いが試されている_a0259130_23230449.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-12-05 23:35 | work

自発的アップデート

自発的アップデート_a0259130_22543239.jpg
今日は外語専門校で中国語を専攻する学生さんに向けて、中華街の伝統文化をご案内する、横浜中華街コンシェルジュツアーをsupport。
関帝廟の成り立ちを学び、参拝をして、牌楼や同郷会、春節イルミネーションをご説明しながら中華街を一周・・。

自発的アップデート_a0259130_22540939.jpg
中華街で働く者自身が街の伝統文化を広く内外に伝えられるように、自ら学べる機会を創出できるように、そして、若い世代の皆さんにも中華街の歴史に関心を持ってもらえるように、外語専門校のオファーをお引き受けして今年で4年目となり、来街人数も60名程に。今日と来週の2回に分けてのご案内、来週も宜しくお願いします。

自発的アップデート_a0259130_22535729.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-12-03 23:12 | work

頭の体操に

すでに商品化されたもの、プロダクト段階のもの、種を蒔いただけのもの・・・
進化する中小企業の技を見ることができる「新価値創造展2019 https://shinkachi-portal.smrj.go.jp/event/shinkachi2019/ 」に行ってきました。

頭の体操に_a0259130_17121580.jpg

頭の体操に_a0259130_17363479.jpg
主宰として開催させていただいている、かんきょう「組写」フォトコンテストの展示パネルの制作を依頼している会社も出展していたので激励兼ねて!
手にしているパネルは、再生プラスチックを使っていて、使用後(展示後)は再生パネルとして何度でもリサイクルが可能なパネルです。このRecoボード(パネルの商品名)を初めて見たのは2011年のエコプロダクツ展。東日本大震災の様子を伝える写真展示パネルとして使われていた時です。プラスチックボードは着色していなければ、だいたい白一色なのですが、ふち回りのブラックが印象に残っていて、調べたらリサイクル可能なパネルということがわかり、2012年のフォトコンテストから利用させてもらっています。最近はスーパー・店舗のPOPや展示会場でも見かけるようになり、だいぶ認知されるようになってきたと話してました。

中小企業の優れた発想や技術に触れたり、プロダクト段階までの試行錯誤のお話は聞いているだけでワクワクします。
11月29日まで 東京ビックサイト南ホール1・2で開催中です。

by AKIO_TAKE | 2019-11-27 17:37 | work
いま、中小企業のウェブサイトリニューアル作業をお手伝いしています。
デザインやページ構成などはサイト制作の方にお願いして、私はウェブサイトの更新にあたり「顧客が要求する情報やデータを今一度再考する」作業を手伝っています。と言っても、情報やデータそのものを再考するわけではなく、再考する作業を行うことで、これまでの固定観念を見直す役割を担っています。

サイトのリニューアルと同時に、思考にも新たな視点・考え方を挿入していかなければ、事業を取り巻くサービス形態や関係法令、流通機能などの目まぐるしい変化から置いてけぼりにされしまいます。人工知能、ビッグデータなど小規模事業には関係ないとシャッターを下ろされてしまいがちですが、お客様は必要としているかもしれませんし、すでに活用しているかもしれません。一見、関係ないと思われる分野の勉強もする。

こうした役割を頂けることは、なにより私自身の思考訓練になります。もっともっと知見を広げていかないと! ありがたい日々です。

by AKIO_TAKE | 2019-11-22 23:37 | work
横浜の海に想いのある人が海の学びの場をつくり、横浜の海を思いっきり楽しむ活動をしている「ヨコハマ海洋市民大学」にお声がけいただき、「ほら。地球のために~エコとは人を愛する気持ち~」をテーマにお話しさせていただきました。

この市民大学が主催する座学の講師陣は各分野のそうそうたるメンバー・・・私なんかでいいのかと怯えと困惑に苛まれながらも覚悟して臨み、なんとか無事に持ち時間を終えることかできました。後日、主催者の方から感想や改善点など、ご指導いただいてより高みを目指します!

躊躇なく捨てられるモノをテーマに_a0259130_10282940.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-10-24 22:17 | work

想像力を鍛える

高く晴れ上がった空、まさに秋。
そんな気持ちよい朝に、倫理法人会のモーニングセミナーでお話しさせていただきました。

「ごみ」は人間の無関心がカタチになったもの、をテーマに、廃棄物処理やリサイクルのこれからに、どんな自覚が求められていくのか・・

いま、海に流失するプラスチックが海洋汚染問題としてよく取り上げられ、プラスチックの使用を抑えていきましょう、という運動が活発になっています。
が、アフリカのガーナでは、温暖化や海の砂を大量に摂取した結果、海底地形が変わり、海沿いの砂浜(陸)が波によって削られ、居住場所がどんどん奪われてしまった村がある。そこに住み続けるために、村人は海に浮かぶプラスチックを集めて埋立資材として活用していて、タイヤなどは堅くて大きいので、まさにお宝だ!という価値観を持っている。
また欧米の古着はアフリカに輸出され、安価で手に入ることから洋服の文化が急速に進んでいる一方で、民族伝統の衣をまとう機会が減っていき、それが伝統文化の破壊・損失につながるのではないか、とそんな危惧もされています。

「ごみにしなければいい」「リサイクルは良いことだ」「リユースはどんどん進めるべき」・・確かにその通りではある。
しかし、それは日本で生活している者の視点であって、世界には異なる価値観がたくさんあります。

持続可能な社会を築くには、もっともっと想像力を鍛えることが欠かせませんね。

想像力を鍛える_a0259130_11270924.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-10-23 11:27 | work
建設、電設工事企業の会社でリサイクル出前講師をさせて頂きました。

廃棄物処理法の簡単なヒストリー、建設現場から排出する産業廃棄物の流れや管理の方法、契約書の締結などのお話をさせて頂きました。建設業界の規制や決まりごとと併せて、廃棄物処理という観点からも様々な規制がかかり、揃える書類や信用性の担保の重要性が高まっています。

最近はSDGs【※】という指標を基に経営を推進する企業が増えています。一方で、自社の事業で必要とするスキルや知識もどんどん更新されているのが実際のところです。なにごとも基礎がしっかりしていなければ新しいテクニックを最大限に活用することはできないと思います。廃棄物でいうならば、しっかりと分別して活かすことを徹底する、捨てるのはきちんとごみ箱へ入れる・・これだけでもちゃんとできていれば、今の環境問題の半分は解決されている。証すデータはありませんが、それくらいの気持ちで取り組んでいます。

そして、生産技術は日進月歩・・ということは、廃棄される製品の素材、組成もさらに多様になり、従来のごみ(再生・選別含む)処理装置では対応が難しくなる可能性もあります。

排出されるごみばかりではなく、どんな素材でつくられているのか、その素材はどんな製品になり、どこで使われているのか。ひとつひとつは確認できなくとも、探求心を高めて、事にあたっていきたいと思います。

【※】持続可能な開発目標(SDGs)とは、すべての人々にとってよりよい、より持続可能な未来を築くための青写真です。貧困や不平等、気候変動、環境劣化、繁栄、平和と公正など、私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指します。SDGsの目標は相互に関連しています。誰一人置き去りにしないために、2030年までに各目標・ターゲットを達成することが重要です。(国連広報より抜粋)

知識の更新、価値観の点検。_a0259130_09224290.jpg



by AKIO_TAKE | 2019-10-01 22:44 | work