人気ブログランキング |

カテゴリ:unclass( 552 )

テクテク

今日は終日PCとにらめっこ
血液循環の為 夜散歩 
微風は気持ちいいけど 湿っぽい

a0259130_21285900.jpg




by AKIO_TAKE | 2019-09-16 21:32 | unclass

波紋

アメンボが歩いた後(泳ぐ?)の波紋
水の粘り気が異なる波紋をつくりだし、いつまでも楽しませてくれます。

a0259130_12403205.jpg

まもなく秋のお彼岸、塔婆の申込に行ってきました。
ぼんやりとした影、秋の気配を感じますね。
仏語に「実の如く自心を知る」というものがあります。「ありのままに自分の心を知る」という意味だそうです。
いまは、小さな小さなよかったことを、少しずつ少しずつ数えていくしかない・・・難しいけれど、そうした時にお彼岸を迎える。

a0259130_12573374.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-09-15 12:57 | unclass

余炎

a0259130_16171960.jpg

フーフー言っちゃうな💦

a0259130_16173582.jpg



by AKIO_TAKE | 2019-09-06 16:18 | unclass

秋へ

8月は抜け殻をあちらこちらでみかけ、いまはみじかいひと夏を鳴きつくした閑かな佇まいの亡骸に出会う。

秋へ

a0259130_22392745.jpg



by AKIO_TAKE | 2019-09-03 22:40 | unclass

不足

令和になって 外出足りないわ

a0259130_10102890.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-08-20 23:09 | unclass

烈々とした空の下で

蓮の花は泥中からしか立ち上がってこない。美しい環境とは言えない泥の中にはえて、それでも泥に染まらず美しい花を咲かせます。
人生になぞらえれば泥は「辛苦」「悲しい」「大変」なこと。

そう、人生も「辛苦」「悲しい」「大変」の中から立ち上がっていくからこそ、不遇で恵まれぬ環境に遭っても、強く堂々と生きることができる。
さらに泥が濃いほど蓮の花は綺麗に咲くのだそうです。

蓮の花のごとき人生を

a0259130_17340146.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-08-14 09:29 | unclass

もっと目を凝らしてみろ

墓前につくなり、微雨。なので本堂の軒先でしばし雨宿り。
なぜそこだけ土があるんだ?と足下に目を凝らしてみると、なにか動いている。

a0259130_15142305.jpg
石段には二つの小さな穴

a0259130_15174105.jpg
土のある方は、蟻さんたちがセミの羽を一生懸命に穴に詰め込んでいる せっせせっせと。
もうひとつの穴には葉を引きずりこんでいる

a0259130_15244507.jpg

夏の勢いにあふれた青空の日々に冬の蓄えだろうか。微雨も収まり、お花を供えると脳内に「物足りない」の文字が巡る。
蟻から見習えと、そのための微雨だったのか。。。
それにしても土や石ころは穴をカムフラージュするために運んできたのだろうか・・だとしたら、凄いな。


by AKIO_TAKE | 2019-08-12 15:50 | unclass

ピンクシャツ

「あっ」と気づいてから もう1年・・いや2年かなー 
激しい風雨もあったろうに ある意味 すごい。

a0259130_19064456.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-08-11 19:06 | unclass

複雑な気持ち

街を歩いていると、立て看板代わりにされる樹木って意外とある。
禁止や注意を促すサインを立てられないとか、色々と制約があるのかもしれないけれど・・
思わず、樹木に同情・・ごめんなさい。

a0259130_20175317.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-07-26 22:17 | unclass

ふぅ・・

長雨後のピーカンに、身体の調整がおいつかない

a0259130_19475452.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-07-25 23:46 | unclass