人気ブログランキング |

<   2013年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ソーシャルアート

ソーシャルアート_a0259130_2358399.jpg

ブラジルのリオ・デジャネイロ最大のごみ処理場ジャウジン・グラマーショをテーマにしたドキュメンタリー映画「ごみアートの奇跡」。

プラスチックごみに空きびん、空き缶、洋服に電化製品、極めつけは生ごみまで、ありとあらゆる「ごみ」が大型トラックで運び込まれ、「ごみ」がトラックから滑り落ちると同時に、売却できるごみ(リサイクル可能なごみ)に群がる「ごみ回収人」。

ごみを集めてんじゃない、リサイクル可能なものを集めて、環境汚染防止の一役を担っているんだという誇りを持ちながらも、「ごみ回収人」という社会の外にいる人々と揶揄され、将来を描けずに葛藤する日々。

美術家として成功したブラジル出身のヴィック・ムニーズは、故郷の貧しい人々になにか恩返しできないかと考え、さまざま事情を抱え、ごみ処理場で生計を立てる約2500人の「ごみ回収人」に出会い、ごみ処理場にやってくる膨大なごみから壮大なアート作品を共同作業することで、将来への希望を回復させようと試みます。

「ごみ回収人」が、分別などされていないごみ袋を開けて「この家は金持ちじゃないな」とか、女性用のハイヒールを拾っては「この女性はキャリアウーマンだね」と笑って見せるシーンには、かつての自分が重なります。

いまは分別排出が徹底されていますから、「ごみ」から家庭や会社の事情なり、暮らしぶりなどを推察することは難しくなりましたが、10年位前までは「ごみ」からもお弁当箱同様にくらしの喜怒哀楽が透けて見えたものです。あくまで、私の狭い思考範囲内ということですが・・・それでも難しくなったとはいえ、今でも飲食店などで捨てられた「ごみ」から、どんな経営体質なのかを実際に目の前に出された料理をいただきながら考えたりすることはあります。分別が徹底されても、ごみ箱に入れた瞬間から、ごみのことはあまり考えませんから。

2013年の日本では絶対に見ることはない光景が繰り広げられる作品なので、2人のこどもの予定に合わせて鑑賞した映画です。ほぼ、強制連行な感じでしたが面白がってくれたようです。モービーの音楽も、ときにファンキーに、ときに前衛的な楽曲がチョイスされていてgoodでした。ここのところ、映画ネタが続き、恐縮です。
by AKIO_TAKE | 2013-09-30 07:59 | movie

今夜の食卓

今夜の食卓_a0259130_2042925.jpg

中にはエビ、玉ねぎ、チキンコンソメ、小麦粉、牛乳を、外はジャガイモ、チーズに塩を少々ふってフライパンで焼いて、オーロラソースをかけてメインメニューの出来上がり。
レシピの女王シーズン3の影響か、うちの奥さん、なんだか楽しそうに料理してます。
by AKIO_TAKE | 2013-09-29 21:10 | unclass

逞しく

逞しく_a0259130_22435556.jpg

年間700~800本の映画が製作されるというインド映画を初体験。小学校を舞台に、お弁当を題材とするヒューマンタッチあふれる作品「スタンリーのお弁当箱」。

予告編PVを見る限りではほっこり系映画かと思いきや、じつは、かなりヘヴィーなインドの社会情勢を描写していて、どんでん返しのラストの展開には思わずホロリときちゃいましたが、なんとも言えない気持ちを抱かせて席を立たせる衝撃的な数字もラストの字幕に流れます。

「お弁当箱には涙と笑いと人生が詰まっている」・・・このPVナレーションは、まさに言い得て妙。

全編にわたるこどもたちの屈託のない笑顔と友を想う眼差しがインドの未来に希望を感じます。一方で、厳しい社会情勢も横たわるインドへの関心を高める作品です。そうして意味で、日本とは異なる文化や社会制度に触れるいくつかのテーマがちりばめられているので、観て損のない作品だと思います。

PS 本日から、スキンを変更しました。
by AKIO_TAKE | 2013-09-28 23:39 | movie

横浜中華街映画祭2013

横浜中華街映画祭2013_a0259130_2262421.jpg

昨年に続き、シネマ・ジャック&ベティが主催する映画祭。
会場の「同発新館」は昭和30年代まで「新光映画劇場」という映画館として使われていたそうです。さすがに私も記憶にありません・・・
さて、ことしも8本の映画が上映されます。ことしは、どれを観ようかな。

http://www.chinatownfilmfest.com/
by AKIO_TAKE | 2013-09-26 22:27 | movie

長ナス

長ナス_a0259130_21134086.jpg

愛媛の知り合いから長ナス届く。煮てよし、漬けてよし、焼いてよし、揚げてよしと四拍子そろう野菜ですね。1年中出回っているナスですが、この季節のナスは肉厚で実がしまっているものも多く、食欲の秋にもってこい!!。食べすぎに注意?!
by AKIO_TAKE | 2013-09-25 21:21 | unclass

制作本番

制作本番_a0259130_1517525.jpg

9/21 「なんとかクリアできそうです」の続きです。

試行の結果が良好だったので、多量制作に取り掛かり、昨日回収したびんと調合剤を混ぜて溶融し、本日の午前中に溶融炉から取り出し、型に流し込み、徐冷炉にいれる作業に立ち会ってきました。

以前にも書きましたが私たちの身の回りにあるびんは自動製瓶機でつくられており、とても堅いガラスというのが特徴です。堅いので溶かすのにも高温で溶かします。その温度は1,400°・・・溶融炉から取り出した直後の写真の状態で、概ね、1,100°~1,200°だそうです。

この型に入れて、少し浮きが見られたりするものはエアーやバーナーで形を整え、30~40秒ほどして型から取り出します。この時で800°くらいのようです。そして、500°に設定してある徐冷炉にいれ、一晩かけて、透明なガラス(ペーパーウェイト)の完成です。

完成品を一度ひきとって、来週あたり、サンドブラスト機でテスト彫りしてみます。

(※) 9月21日のブログ http://tpdws2.exblog.jp/18651965/
by AKIO_TAKE | 2013-09-24 15:35 | work
例えば、毎月23日は震災に備える日にするとか・・・_a0259130_2265054.jpg

地面にデカデカと書かれた文字。これだけ大きくなると人の背丈からは読み取ることができませんが、「緊急輸送用指定岸壁」と黄色で書かれています。上空からは一目瞭然です。

ここは横浜港で市街地に一番ちかく、最も奥に位置する山内埠頭。横浜港の最奥部ということもあり、大型船への対応が困難なため、みなとみらい21地区の整備に合わせて災害時の緊急物資輸送拠点として耐震岸壁が整備されました。

いつ起きてもおかしくないとされる首都直下型地震・・・今年初頭には、みなとみらいのカップヌードルパークから延びる岸壁を耐震岸壁へと改修し、完成すれば、横浜港では市内5カ所目の緊急物資輸送耐震岸壁になるとニュースで流れていました。

ことしの冬、事務所仕事の際は足下が寒くなりそうなので、防災用品として活躍しそうな電池、電気、ガスが不要なガスボンベストーブを購入しようか検討中。

震災に備えよう、といっても、現実は定期的に震災を考えようとすることは難しい。なので、毎月1回どこかの日を「震災に備える日」と決めて、いろいろと情報や備蓄品を整理するなど、そんな我が家の小さなルールを決めるのもひとつの方策かもしれません。
スローガンに留まらない、小さな行動の積み重ねが大切な命を守ってくれるのだと思います。
by AKIO_TAKE | 2013-09-23 22:47 | 防災
暑さ寒さも彼岸まで/季節の変わり目_a0259130_2311421.jpg

きょうは、環境啓発イベントに出展者として参加。23時をまわったいまはとても涼しいですが日中は暑かった!!ひさしぶりのイベント出展でしたので、ちょっとおつかれモードです・・・
あすはお墓参りからはじまる1日です。
by AKIO_TAKE | 2013-09-22 23:20 | unclass
なんとかクリアできそうです_a0259130_17111612.jpg

8月28日投稿のブログ記事の書き出し部分・・・透明のビンを集めて、割って、溶かしてもらいました。今秋のイベントに向けて取り組んできた第一関門をなんとかクリアできそうです。

(※) 8/28のブログ http://tpdws2.exblog.jp/18458926/ 

(※) 関連記事ブログ http://tpdws2.exblog.jp/18070356/
by AKIO_TAKE | 2013-09-21 17:16 | work

"ごみ"と侮るなかれ

\"ごみ\"と侮るなかれ_a0259130_10215351.jpg

スプレー缶やガスボンベをごみに出すとき、みなさん、穴をあけていますか、それとも開けずに出していますか?けさの朝ズバッで、ごみとして出すために家の中でスプレー缶に穴を開けている時に爆発して、発生したと思われる死亡事故を取り上げていました。

家庭から出すスプレー缶などの、ごみ出しルールは住んでいる市町村によって異なります。20の政令都市のルールをみても、予め、家庭で「(使い切って)穴を開けない」で出すが9市、「穴を開ける」が11市と分かれてます。

横浜市も以前は「穴を開ける」でしたが、冬場におきた爆発事故により「穴を開けない」で、使い切った状態で出すというルールに変更になった経緯があります。

一方で、こんなデータも紹介されていました。東京消防庁のまとめによるとスプレー缶・ガスボンベが原因の「ごみ収集車火災」は2003年から2012年の10年間で1,082件。単純に3日に1度のペースで発生していることになります。
わたしも、ごみ収集車に乗っているとき、ふと、サイドミラーをみたら火の手が上がっていて、あわてて停車・・・致し方なく、道路にごみを降ろして消火したこともありました、そういえば・・・

いずれにしても、空になっていないスプレー缶やガスボンベを釘やドライバなどの専用器具以外で処置するのはとても危険です。専用器具でも、風通しの悪いところや換気扇の近くでも危ない・・・換気扇だから大丈夫と思いがちですが、ガスは空気の1.5倍から2倍の重さですから換気扇から下の階に流れ込み、もし、下の階の方がガスコンロやライターをつけるタイミングだったら火花が散って引火ということもあります。

話しは少しそれますが、防災備蓄品としてガスボンベは必需品です。実際の災害時には、どんどん使用されるはずです。廃棄の時、非常時なわけですから専用穴あけ機なんてものは無いと思います。それでも、穴を開ける場合は、水の中で穴を開けることによってガスの空中散布や火花を抑えることができ、二次災害を防ぐことができます。覚えておくとよいでしょう。
by AKIO_TAKE | 2013-09-19 10:51 | 環境