人気ブログランキング |

<   2014年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

春の準備

春の準備_a0259130_1154873.jpg

きょうは、「暖かい・・・」を通り越した日中となりそう。

そんな陽気のせいか、公園では春に向けて準備に入ったようです。
春の準備_a0259130_116341.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-01-31 11:06 | unclass
新年好! (あけましておめでとうございます!)_a0259130_9145616.jpg

みなさまが 新しき1年を健康に過ごせ お仕事も順調でありますように
by AKIO_TAKE | 2014-01-31 09:21 | unclass

あすは春節

あす、1月31日は春節(旧暦の元旦)です。横浜中華街では華やかなイベントが2月14日まで繰り広げられます!!先陣をきって、今日の深夜は媽祖廟と関帝廟にて「春節カウントダウン」です。

横浜中華街 春節情報
http://www.chinatown.or.jp/agenda/event/2014shunsetsu?from=top

あすは春節_a0259130_14243713.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-01-30 14:21 | unclass

いまどき野菜工場?!

いま、地球上には72億人の人々が暮らし、このまま人口が増え続ければ、2050年には約90億人の人々が暮らす星になるだろうといわれています。ちなみに、2050年の日本人口は約1億人と予測されています。

日本の人口は減るものの、地球規模でとらえれば、人口は増加傾向にある。発展途上国とされる国々も、35年後には、より豊かに、一人当たりの食の消費量も上がると思います。人口の増加は、近代の終焉を早めると、さまざまな分野の専門家が文献や報告書を発表していすが、現実には人口の抑制を意図的にコントロールしたり、文明の発達を止めることはできない。

他方、日本の食糧自給率は40%弱と言われており、日々の食卓にあがる食材の半分以上は海外からの輸入に頼っているのが実情。

そんな現状から、将来の食材を確保するための試験施設や運用が活発になっていて、みなとみらい線馬車道駅ちかくにもエアドームの植物工場が今月7日にオープンしました。
(法的な課題が残り、現在は展示場として設置しています)

いまどき野菜工場?!_a0259130_17195373.jpg


フッ素樹脂製のシートを膨らませたドーム形ハウスで、直径27メートル、高さは6メートル。太陽光が降り注ぎ、室温や湿度、養液の濃度などをコンピューター制御する施設です。

東京では数年前からオフィスビルの地下空間を利用し、野菜を栽培していたり、ローソンも全国で12カ所目となる農業生産法人を秋田に設立し、室内でベビーリーフを生産する植物工場を今年5月より建設を始め、9月から生産されたベビーリーフを東北及び関東地区のローソンとローソンストアで販売する計画を先日発表しました。

10年後には、こうした植物工場で生産された野菜が主流となるのでしょうか・・・

来月、赤・青・緑のLEDの光を利用して、室内で無農薬野菜を生産している菜園を視察してきますので、感想などを投稿したいと思います。
by AKIO_TAKE | 2014-01-29 17:17 | 環境
これまで、ブログでのお知らせは少なかったのですが、これからも心豊かに暮らしていくために、多感で成長も著しく、情報の吸収力や優れた発信力を持つ高校生のみなさんのお力を借りながら、取り組むべきことを見つめなおそうと、2010年に任意の団体を立ち上げました。

団体名を、リサイクルデザインタウン推進実行委員会と言います。

この実行委員会では、豊かなライフスタイルがいつまでも続くように、わかりやすく、広く伝わる環境メッセージとしての公募写真展を筆頭に、リサイクル工場での撮影会・学習会やセミナーを開催してきました。

今、2014年度の全体構成を検討しているところです。本日はセミナー講師の依頼のために市内の大学まで足を運んできます。

心を落ち着けながら、ああでもない、こうでもないと、行きつ戻りつ、思考中・・・。

カテゴリー ちょっと編成替えしました_a0259130_22315466.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-01-28 06:42 | かんきょうデザインプロジェクト

2014年1月最終週

2014年1月最終週_a0259130_11282370.jpg

朝一の仕事を終えてカフェをでると、真っ青な空。

その空に誘われて、9時30分頃の山下公園に10分ほど立ち寄ってみました。朝の散歩のみなさんと入れ替わりに、横浜から次の予定地へと行かれる観光客のみなさんが思い思いに記念写真を撮っている時間帯。

それにしても冷たい風が吹いていました・・・午後は風もおさまり、穏やかに晴れるとか。
もう1月の最終週です。時の流れは相変わらずはやい。

2014年1月最終週_a0259130_11341629.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-01-27 11:34 | unclass
フォトレッスン、参加してきました。なにを撮りたいのか?興味の対象をもっと明確にというアドバイス、仕事にも通じますね。

取説ながめているようでは・・・_a0259130_0514223.jpg


取説ながめているようでは・・・_a0259130_054261.jpg


携帯性の良さから最近はコンデジで撮ることが多くなっていますが、今日はひさしぶりに一眼レフ(※)主体のレッスンだったので、左手はカメラの下に添え、脇はしっかりと締めて・・・

取説ながめているようでは・・・_a0259130_0581250.jpg


自宅に戻り、これまたひさしぶりに一眼レフの取説とにらめっこしてます。もう少し、いいやつが欲しいなと思いつつ、ふと、取説を見てるようでは買い替えは当分先ですね(苦笑)

取説ながめているようでは・・・_a0259130_134414.jpg


(※) キヤノン 一眼レフカメラ 「EOS Kiss X2」 ダブルズームレンズキット 2008年3月発売
    
by AKIO_TAKE | 2014-01-26 01:11 | unclass

It learns anew

It learns anew_a0259130_0513652.jpg


知人がフォトレッスンを開催する

It learns anew_a0259130_0541242.jpg


というわけで 本日午後 応援 そして 改めて写真を学ばせていただきに行ってきます

It learns anew_a0259130_056090.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-01-25 00:58 | unclass

世界の人口が100億人に達すると、人間は食料、水、エネルギー、疾病など、さまざまな分野で経験したことのない大惨事に遭遇し、危機的な状況に陥るだろうと警告しながら、終始、悲観的な論理が展開される一冊、

争_a0259130_18585135.jpg


文章がコンパクトに書かれており、データに基づく記述もわかりやすく、テンポよく読み進められますが、かえって、そのシンプルさが不気味な印象を与え、次の展開が待ちきれず、ページがどんどんめくられていきます。200ページ足らずで、箇条書きを多用しているので、1時間もかからずに読了できます。

そんな一冊ですが、ページをめくる手を止める一文がありました。

「最近、気候変動をテーマにしたか科学的な会合や会議で、新しい種類の出席者を必ずと言っていいほど見かけるのは偶然ではありません、それは軍関係者です」

唐突に表示された「軍」という文字・・・最近は地球環境の切り口からの本にも「軍」やそれと同義語の言葉が散見されることが多くなっています。

悲しいことですが、ニュースを見ていても地球のどこかで争いごとが発生しています。ありがたいことに日本では軍事力による争い事は起きていないけれど、地球環境の危機と共に、自国及び自国民の生命や暮らしの継続性が脅かされれば、その解決を図るための争いごとに巻き込まれない保証はどこにもありません。

やっぱり、環境問題は争い事でしか解決できないのか。他に解決の方法はもはや存在しないのか。そんなことを突きつけられますが、簡潔に要点が述べられていることもあり、伝達力を養うには良い一冊だと思います。
by AKIO_TAKE | 2014-01-24 09:48 | book

施設としての図書館

いろいろな意味で話題になっている佐賀県武雄市の市立図書館。

神奈川県海老名市が、武雄市の図書館同様にレンタルソフト大手のTSUTAYAが経営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に図書館運営の委託先(指定管理者)として選定をしたことから、神奈川新聞でも「今、日本一有名な図書館」として武雄市の図書館運営ついて取り上げていました。

武雄市の図書館、ウェブサイトで外観や館内を拝見すれば、ウッディーな雰囲気を漂わせるオシャレな図書館という印象で、2015年10月に改修費8億円、新機能導入に2億円を見込んでオープンを目指すとされる海老名市の中央図書館も似たようなイメージ図になっています。

昨年は神奈川県でも財政難や貸出率等を理由に県立図書館2館の「閲覧廃止」を巡って、図書館の在り方についてさまざまな議論が展開されていました。

ライフスタイルや物流の変化で、書籍の価値や使われ方もますます多様になっていく中、財政のことももちろん重要ですが、すでに地域の事情を踏まえた利用者像を描いていくことが公共施設にも求められている時代になっています。

一方で、次々とデジタル化される大半の情報がインターネットで取得できるようになっても、「知の集積、交流場所」である施設としての図書館の存在是非について、利用者側である私たち自身も図書館の運営や在り方について再認識することが必要になってきているようです。

新たな公共性を担うのは、これまで通り行政なのか、それとも民間なのか、或いは第三の方法論が存在するのか。注視しておきたいニュースです。

施設としての図書館_a0259130_16205992.jpg


※写真は昨日の15時頃 東京駅にて
by AKIO_TAKE | 2014-01-21 16:21 | look/gaze